いつものスマホが別次元の音に! プロが聴いて選んだ1万円以内で買える高音質イヤホン

スマートフォンやポータブル音楽プレーヤーに付属しているイヤホンを使っているものの、もう少しいい音で聴きたいな……と考えている人も多いでしょう。はじめてイヤホンを選ぶなら、5000円〜1万円クラスのモデルをチョイスすると、音質の違いがわかりやすく感じられるので、ファーストステップにオススメです。今回は、音にこだわりはじめた人のためのエントリークラスのイヤホン5モデルを3人のプロが聴き比べています。これからイヤホンを購入しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

【今回試した機種】

・Shure(シュア)「SE215」

・ソニー「MDR-XB55」

・MUIX(ミュイクス)「IX3000」

・AUGLAMOUR(オーグラマー)「AUGLAMOUR R8-J」

・EARNiNE(イヤーナイン)「EN120」

 

レビューを行ったのは、オーディオライターの山本 敦さん、e☆イヤホン秋葉原店 店長の”ゆーきゃん”さん、編集部オーディオ担当の一條 徹の3人。いずれも、普段使用しているオーディオプレーヤーやスマートフォンを持参し、聴き込んだ音源を試聴しています。

20170804-i03 (1)

【使用したプレーヤー&よく聴く音楽ジャンル】

山本:オンキヨー「グランビート」→よく聴く音楽は「和ロック・ポップ、90年代米ロック」

ゆーきゃん:Apple「iPhone 7」→よく聴く音楽は「CLUB、HIP-HOP、ポップス」

一條:Astell & Kern「AK70」→よく聴く音楽は「歌謡曲、80年代アイドル」

20170816-i04 (9)↑実際に3人で全モデルをじっくり聴き比べています

 

ステップアップにおすすめのU-1万円イヤホン

1.高い遮音性が魅力「SE215」

20170816-i04 (3)

Shure「SE215」(e☆イヤホン販売価格9360円)

●ドライバー :ダイナミック型●再生周波数帯域 : 22Hz〜17.5kHz●インピーダンス : 17Ω●感度 : 107dB●ケーブル長 : 162cm

プロユースとして高い信頼性を得ている米Shureの人気モデル。SE535などの上位機種から受け継いだ設計思想により、ハイエンドモデル譲りの高い装着性と遮音性を実現。ケーブル着脱式で、MMCXコネクタ採用の市販ケーブルも使用可能。カラーはクリアーとトランスルーセントブラックの2色。

20170816-i04 (4)

 

2.重低音を求める人におすすめ「XB55」

20170816-i04 (1)

ソニー「MDR-XB55」(e☆イヤホン販売価格4730円)

●ドライバー :ダイナミック型●再生周波数帯域 : 4Hz〜24kHz●インピーダンス : 16Ω●感度 : 110dB●許容入力 : 100mW●ケーブル長 : 120cm●質量 : 約8g

重低音にフォーカスした「エクストラベースシリーズ」のエントリーモデル。通気抵抗をコントロールし、振動板の動きを最適化することで重低音のグルーヴ感をダイレクトに伝える「ベースブースター」を搭載。迫力のある低音が楽しめます。カラーはブラック、グリーン、レッド、ブルー、グレイッシュホワイトの5色。スマートフォン用リモコンを備えた「MDR-XB55AP」もラインナップしています。

20170816-i04 (5)

 

3.フラットな音質を追求した「IX3000」

20170816-i04 (2)

MUIX「IX3000」(e☆イヤホン販売価格3900円)

●ドライバー :ダイナミック型●再生周波数帯域 : 20Hz〜20kHz●インピーダンス : 24Ω●感度 : 103dB●ケーブル長 : 120cm●質量 : 14.5g

低域と高域の バランスを重視したフラットなサウンドを追求したMUIXブランドの第一弾モデル。アルミ製ハウジングを採用し、余計な共振を抑えてクリアな音を再生します。絡みにくいフラットケーブルには、スマートフォンでの操作ができるワンボタンリモコンを搭載。カラーはホワイト、ブラック、レッドの3色。

20170816-i04 (6)

 

4.e☆イヤホンによるチューニングが施された「AUGLAMOUR R8-J」

20170616-i03 (4)

AUGLAMOUR「AUGLAMOUR R8-J」(e☆イヤホン販売価格4980円)

●ドライバー :ダイナミック型●再生周波数帯域 : 20Hz〜20kHz●インピーダンス : 16Ω●感度 : 105dB●ケーブル長 : 120cm

2016年2月に発売された「AUGLAMOUR R8」をベースに、e☆イヤホンのスタッフが国内向けのチューニングを行った日本限定モデル。ステム(本体から伸びる管)の角度を変えて装着性を向上しているほか、振動板の変更やポート機構を追加などにより、音質面でもパワーアップしています。ケーブルは着脱式の2pinコネクタを採用し、リケーブルも可能。

20170816-i04 (7)

 

5.ダイナミック型とは違った魅力が味わえる「EN120」

20170721-i02 (3)

EARNiNE「EN120」(e☆イヤホン販売価格5480円)

● ドライバー:BA(バランスド・アーマチュア)型●再生周波数帯域 : 20Hz〜20kHz●インピーダンス : 22Ω●感度 : 105dB●許容入力 : 10mW●ケーブル長 : 120cm

独自開発のBAドライバー1基を搭載したシングルBAイヤホン。ダイナミック型ドライバーのイヤホンとは違った、BA型ならではの繊細な音質を楽しめます。ステンレス製ボディとツイストケーブルを搭載し、高い剛性を実現。屋外でも音が聴き取りやすい騒音遮断設計となっています。

20170816-i04 (8)

 

ロックやダンスミュージックなどパンチの効いた音楽が好きな人なら、「SE215」や「XB55」、アコースティックな曲やボーカル曲が好きなら「IX3000」、いろんなタイプの音楽を聴く人には「R-8J」や「EN120」がオススメです。ぜひ、店頭で試聴してみて下さい。

 

イヤホン & ヘッドホン専門店 「e☆イヤホン」

今回、企画に協力頂いたe☆イヤホンは、東京・秋葉原、渋谷と、名古屋、大阪・梅田、日本橋の6店舗を構える国内最大級のイヤホン&ヘッドホン専門店。店内取扱アイテムは約2万4000点オーバーで、常時 新品約4000機種以上/中古約4000機種以上試聴が可能です。また、国内外のオーディオ製品の新品販売はもとより、独占先行取扱モデルや、オリジナル商品の企画/開発及び販売も行っているほか、修理やチューンナップ、中古買取/中古販売も実施。店内は、イヤホン & ヘッドホンのビギナーからハイエンドユーザーまで、幅広いユーザーで賑わっています。

↑e☆イヤホン秋葉原店(1F外観)↑e☆イヤホン秋葉原店(1F外観)

 

このほか、世界初のオーダーメイドイヤホン“カスタムIEM”の店舗も展開しており、耳型採取から対応可能。一般のユーザーをはじめ、プロミュージシャンや著名アスリートなど、多くの顧客に利用されています。

 

また同社が主催する大規模オーディオイベント「ポタフェス」も日本各地で開催。直近の「ポタフェス2017」(秋葉原)では、2日間の開催期間中、約5万6000人が来場するなど、盛況となっています。

 

e☆イヤホン 秋葉原店
住所:東京都千代田区外神田4-6-7 カンダエイトビル4F
営業時間:11:00〜20:00
休日:無休
TEL:03-3256-1701

http://www.e-earphone.jp

関連記事

GetNavi webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索