ベンツSクラスが王道のアップデート! トップ・オブ・メルセデスが新たなフェイズに

メルセデス・ベンツ日本は、マイナーチェンジを受けた新型「メルセデス・ベンツSクラス」の受注を8月9日より開始した。モデルラインナップおよび税込車両価格は下記のとおりで、9月上旬から順次納車がスタートする(S560ロング、S600ロング、メルセデスAMG S63ロング、同S65ロングは12月頃納車開始予定)。

20170817_hayashi_LV_05

・S400:1128万円

・S560ロング:1646万円

・S560 4マチック ロング:1681万円

・S600ロング:2331万円

・メルセデスAMG S63ロング:2451万円

・メルセデスAMG S63 4マチック+ ロング:2491万円

・メルセデスAMG S65ロング:3323万円

 

モデルラインナップの中で、唯一スタンダードホイールベース仕様となるのがS400。こちらには367ps/500Nmを発揮する3.0リッターV6ツインターボエンジンを搭載。一方、S560ロングに搭載されるのは新型の4.0リッターV8ツインターボで、469ps/700Nmを発揮。後輪駆動車と4WD車の両方がラインナップされている。

20170817_hayashi_LV_06

新型Sクラスは、安全性と快適性、効率性を高次元で融合する「インテリジェントドライブ」がさらに進化。クルマが通信機能を持ち、利便性を飛躍的に向上させる「メルセデス・ミー・コネクト」を初導入したほか、新開発パワートレインの採用などが特徴だ。ボディ前後のエクステリアデザインも刷新された。

20170817_hayashi_LV_07

メルセデス・ベンツの「インテリジェントドライブ」は、レーダーセンサーやステレオマルチパーパスカメラ、超音波センサーにより自車の周囲を常に監視する複合的なセンサーシステムで、先行車両、横切る車両、後方車両、対向車、歩行者などを検出し状況を判断、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動でアシストすることでドライバーの負担を軽減し安全性と快適性を向上させる、先進のシステムだ。

20170817_hayashi_LV_08

新型には、先行車との車間距離を維持する「アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック」に自動再発進機能が新たに備わり、30秒以内であればドライバーはアクセル操作をしなくても自動的に発進するようになった。

 

「アクティブステアリングアシスト」も強化され、車線が不明瞭な場合や検知できない場合でも、周囲の車両やガードレール等を検知してステアリングアシストを行えるように。

 

一方、緊急時のステアリング操作をアシストする「緊急回避補助システム」、衝突時の衝撃音から乗員の耳を保護する「PRE-SAFEサウンド」などの新機能を採用したほか、歩行者に加え交差点での車両飛び出しにも自動緊急ブレーキが作動する「アクティブブレーキアシスト(歩行者/飛出し検知機能付)」も備わり、全方位の安全性を高い次元で実現している。

 

「メルセデス・ミー・コネクト」は「24時間緊急通報サービス」などを最長10年間無償で提供される「安心安全サービス」、「リモートパーキングアシスト」などを3年間無償で提供される「快適サービス」、メルセデス・ベンツ 24時間コンシェルジュサービスを1年間無償で提供される「おもてなしサービス」の3つのサービスカテゴリーで構成。それぞれきめ細やかなサービスによって、カスタマーの利便性を向上させている。

 

 

 

関連記事

GetNavi webの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索