博報堂のシンクタンクである博報堂生活総合研究所は、20〜69歳の男女1500人を対象に、「来月の消費意欲」の調査を発表しました。

 

コロナ禍の影響がやわらいだこともあり、11月の消費意欲指数は過去5年間で最高値の48.8点でした。前月比で0.8ポイント増、前年同月比では5.1ポイント増となっています。「旅行」「外食」など、「外」向きの消費意向が上向きました。

 

出典画像:プレスリリースより

「来月の消費意欲」を点数化し、その結果を「来月の消費予報」として博報堂は発表しています。

 

年末年始を控えた11月は、消費意欲指数が高まりにくい月でもあります。今年は48.8点と前月から0.8ポイントの微増でしたが、11月としては過去5年での最高値でした。高水準だった10月の消費意欲が継続しているとみられます。

 

前年同月比では5.1ポイント増でした。昨年11月は消費税増税の影響もあり、消費意欲指数が43.7点と落ち込んでいたためです。増税の影響を考慮し、2018年と比較した消費意欲指数の理由を見てみます。消費にポジティブな回答では、「買い物をしていない反動・ストレス発散」が、18年11月は24件でしたが、今年は62件に増えました。

 

前月と比べると、「コロナが怖いので出かけたくない/意欲がわかない」が、10月の63件から11月は43件に低下しました。「コロナで外出・買物ができない」は、10月の104件から11月は62件にとどまっています。コロナ禍に関連するネガティブな回答は、前月に引き続き減少しました。消費に前向きな気持ちが高まっていることがうかがえます。

 

「特に買いたいモノ・利用したいサービスがある」人の割合は、27.3%でした。前月比で1.0ポイント増、前年同月比では消費意欲指数と同様に増税の影響による反動増もあり8.4ポイント増となっています。

 

カテゴリー別の消費意向については、「旅行」「外食」「ファッション」など、16カテゴリー中11カテゴリーで前年同月比20件以上増加しています。前月比では、「旅行」「外食」が20件以上増加しました。

 

消費意欲指数の理由は、「旅行の予定がある」 が10月の22件から11月は45件と増えています。「外」向きの消費意向の高まりや、GoToトラベル、GoToイートなどの施策の効果も感じられる結果となりました。