アカカミアリと確認 岐阜市のコンテナで発見の40匹

アカカミアリと確認 岐阜市のコンテナで発見の40匹

 環境省と岐阜県は4日、岐阜市宇佐南で2日に発見されたアリ約40匹は、有毒の外来種「アカカミアリ」と確認した、と発表した。強い毒を持つ南米原産のアリ「ヒアリ」の疑いがあると発表していた。

 同所の事業用倉庫へ名古屋港から陸送されたコンテナの中から見つかったアリがヒアリやアカカミアリに特徴が似ていたことから、県が国に特定検査を依頼していた。環境省によると、アカカミアリは米国南部から中米が原産。ヒアリよりも毒性は弱いが、刺されると激しい痛みを伴うことがある。

 県によると、見つかったのはいずれも働きアリで、女王アリや卵はなかった。倉庫内にわなを設置するなど対策をしていたことから、拡散した可能性は低いとみている。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

岐阜新聞の他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

岐阜のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索