FC岐阜、連勝ならず 終了間際にPK献上

FC岐阜、連勝ならず 終了間際にPK献上

 明治安田J2の第26節は5日、10試合を行った。FC岐阜はアウェーのトランスコスモススタジアム長崎(長崎県諫早市)で長崎と戦い1−2で敗れた。7勝8分け11敗、勝ち点29で順位は暫定で17位のまま。

 前半は序盤から両チームが好機をつくる試合になったが、31分にPKを決められて失点。しかし、FW古橋からパスを受けたFWクリスチャンが豪快に左足を振り抜いて39分に同点にした。

 後半は、両チームともに勝ち点3を狙って攻守が目まぐるしく変わった。同点濃厚と思われたロスタイムにDF田森がPKを与えてしまい、決勝点を許した。

 その他は、湘南は松本に2−1で逆転勝ちし、勝ち点53として首位を守った。2位福岡は町田を1−0で下して同52となった。

 第27節の岐阜は11日、ホームの長良川競技場で7位岡山と戦う。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

岐阜新聞の他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

岐阜のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索