競技かるた覇競う 大垣で東海大会、160人出場

 岐阜、愛知、三重各県の競技かるたの愛好家が腕前を競う「東海かるた大会」(岐阜新聞・ぎふチャンなど後援)が、岐阜県大垣市米野町の市武道館で開かれた。

 技術の向上や出場者同士の交流を図ろうと、実行委員会が開き、6回目。3県の在住・在勤者とかるた協会員約160人が参加した。A(4段以上)、B(2、3段)、C(初段)、D(無段)、E1(中学生以上の初心者)、E2(小学生、未就学児の初心者)の各級に分かれてトーナメントで覇を競った。

 出場者は、集中力を高め、目にも留まらぬ速さで札を取り合った。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

岐阜新聞の他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

岐阜のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索