2月から始まる確定申告を前に、ボーイズグループ「MAG!C☆PRINCE(マジックプリンス)」の永田薫さん(23)=岐阜市出身=が14日、同市美江寺町の岐阜北青色申告会(岐阜北青色会館内)でスマートフォンを使った確定申告書の作成に挑戦した。

 今年からスマホで申告書を作成する際の利用範囲が拡大したのを受け、岐阜北税務署と同申告会が利便性を知ってもらうために企画。永田さんは、同署職員の説明を受けながら、太陽光売電収入とふるさと納税の寄付金控除を入力し、約10分で申告書を作成した。

 永田さんは「簡単にできた。スマホならどこでもできるので便利。スマホで確定申告書を作成できると知ってほしい」と語った。

 2019年分の所得税に関する確定申告の相談、受け付けは2月17日から県内6カ所の申告会場で始まる。申告、納税の受付期限は、所得税と復興特別所得税、贈与税が3月16日まで、個人事業者の消費税、地方消費税が3月31日まで。