25日午前2時5分ごろ、岐阜市寺田の路上で「知人が数人の男に蹴られた」と女性から110番があった。岐阜北署員が駆け付けると、住所不定、無職の男性(81)があおむけの状態で倒れていた。頭の骨が折れ、顔や肘をすりむいており、市内の病院に搬送されたが、約6時間半後に死亡が確認された。署は事件と事故の両面で調べている。

 署によると、男性はホームレスとみられ、約20年前から一緒に生活しているという女性(68)が通報した。男性と女性が伊自良川に架かる橋の下にいたところ、何者かに橋の上から石を投げられ、現場付近へ逃げたという。

 女性は石を投げたり、男性を蹴ったりした相手の姿は見ておらず、逃げる途中で振り返ると男性が倒れていたため、公衆電話から110番したという。

 現場近くに住む女性(64)は「寝ようとしていたら外から物音が聞こえた。しばらくしてパトカーや救急車が来た」と話していた。