「ありがとう 推しが生きてる それだけで」など5・7・5に愛と悲哀を込めた「第14回オタク川柳大賞」の結果が発表、最もオタクの支持を集めた1句とは?

「ありがとう 推しが生きてる それだけで」など5・7・5に愛と悲哀を込めた「第14回オタク川柳大賞」の結果が発表、最もオタクの支持を集めた1句とは?

日本で古くから親しまれる五・七・五の韻律で好きなものへの愛やオタクライフならではの悲哀を表現する「オタク川柳」を集める「第14回オタク川柳大賞」の一般投票が終了し、大賞を含めた4部門の作品とオタク川柳大賞公式キャラクター「にゃこ式部」の11代目が2019年3月22日に発表されました

第14回あなたが選ぶオタク川柳大賞|インターリンク
https://www.575.moe/

一般投票(投票総数4711)によって、第14回オタク川柳大賞の1位である「ネ申de賞」に選ばれたのは、はたらけない才能さん(50代)の
細胞は はたらいてるが 俺無職
でした。

2位は青い涙さん(40代)の
ありがとう 推しが生きてる それだけで

3位はうーるちゃんさん(20代)の
インスタに 映えぬ日常 生える草
でした。

また、第14回オタク川柳大賞と京都市営地下鉄利用促進プロジェクト「地下鉄に乗るっ」とのコラボを記念した特別賞「太秦萌賞」は盟主クサイさん(30代)の作品
つり革に やっと届いた あの日から
でした。

なお、各受賞作品を含めてどんな作品が候補になっていたのかは、オタク川柳大賞を主催するインターリンクの横山正代表取締役による以下のブログを読むとよくわかります。

第14回オタク川柳解説 | 株式会社インターリンク 社長ブログ
https://interlink.blog/2019/02/otasen14.html

同時にオタク川柳大賞の公式キャラクターである11代目にゃこ式部も決定。二次元部門のグランプリは吉野サクさんの作品が1151票を獲得して受賞。

また、「猫耳をつけてツインテールであること」が応募条件に定められた三次元部門のグランプリはしらゆきさんが受賞しました。

第15回オタク川柳は2019年11月に開催される予定となっています。


おすすめ情報

GIGAZINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索