親から「いい人見つかった?」と聞かれたときの無難な対応9パターン

地元に帰って昔馴染みの面子と顔を合わせるのは楽しみでも、結婚について親に探られるのが憂鬱…という女性は多いのではないでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性500名に聞いたアンケートを参考に「帰省中、親から『いい人見つかった?』と聞かれたときの無難なリアクション」をご紹介します。

【1】「いい友達ならいるよ」と言葉を濁す

「いないと言うと心配されるし、いるというと突っ込まれるので」(20代女性)というように、友達以上恋人未満の男性の存在をチラつかせて「なにもないわけではないこと」だけ理解させるパターンです。「正式に付き合ったら紹介する」と言えば、それまで待ってもらえるでしょう。


【2】「今は仕事を頑張る時期なの」と男性に興味がないことを分からせる

「何かに没頭できる時間は限られていることを親も知っているはず」(20代女性)というように、恋人をつくるよりも夢中になれることがあると伝える人もいます。ただし、「女は家庭に入るもの」という古風な考えを持っている両親には通用しないかもしれません。


【3】「できたら紹介するから」と話題をシャットアウトする

「できるだけ面倒くさそうに言うのがコツ」(20代女性)というように、準備ができたら話すとだけ告げて、そっけなく流す人もいます。何を言われても「できたら紹介するから」としか答えなければ、両親も問い詰めるのを諦めるでしょう。


【4】「いないよ」とサラッと答える

「言い訳がましくしてしまうと、ややこしくなるので」(20代女性)というように、単刀直入に「いない」といえば、両親も「そう」と軽く答えて会話が終わるかもしれません。「彼氏はいませんが何か?」というテンションで言えば、それ以上質問しにくくなりそうです。


【5】「今選別中です」と紹介できる状況でないことを匂わせる

「本当は選べる立場じゃないけど、心配させたくないので」(20代女性)というように、「候補者なら何人かいる」とぼかしてしまう方法です。「どんななかから選別するのよ」と突っ込まれたときの答えもいくつか用意しておきましょう。


【6】「こっちから言うまで待っててくれる?」と迷惑そうにさえぎる

「実際、いい人がいれば紹介するし」(20代女性)というように、あまりにしつこい場合は、いればきちんと話すつもりだと強めに伝えるのもいいでしょう。娘を想う親心に感謝しつつ「心配してくれるのはありがたいけど…」と添えるとなおよいかもしれません。


【7】「なかなかお父さんを超える人はいないよ」と父親を立てる

「父は理想の存在だし、両親の関係に憧れているのはホント」(20代女性)というように、両親に負けない素敵な関係をつくるために、パートナー選びを慎重に行っていると言えば、悪い気にはさせないでしょう。ただし、父母の関係が良好なとき限定です。


【8】「離婚したら恥だよ?」と焦るとロクなことがないととぼける

「別れちゃう夫婦も多いしね」(20代女性)というように、慌てて結婚しようとすることのリスクに触れて、遠回しに「せかすな」とアピールする人もいます。世間体を気にする両親に対して有効な一言かもしれません。


【9】「いい人みつけておいてくれた?」とはぐらかす

「渾身のボケで逃げるのみです」(20代女性)というように、両親の尋問をとぼけて上手にかわすのもアリかもしれません。ただし、両親から全然好みではない男性を紹介されるリスクもあるので、本気にされないよう冗談っぽく伝えたほうがいいでしょう。


娘を想う気持ちからいろいろと聞きたくなってしまうのが親心というもの。なにはともあれ「いい人が見つかったらすぐに紹介する」という気持ちだけは、伝えてあげたいところです。(外山武史)


【調査概要】
期間:2014年4月10日から13日まで
対象:合計500名(10代、20代の独身女性)
地域:全国
方法:インターネット調査

関連記事

オトメスゴレンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術のニュースランキング

ランキングの続きを見る

生活術の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索