まだ親しくない男性とでも、気軽にやりとりできるLINE9パターン

気になる男性との第一歩を踏み出すために、LINEを活用したいと考える人は少なくないでしょう。まだそれほど親しくなっていない間柄でも、確実にリアクションをもらいたければ、いったいどんな内容のLINEを送るといいのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「まだ親しくない男性とでも、気軽にやりとりできるLINE」を紹介します。

【1】「○○君の好きな曲って何?」など、簡単に答えられる質問をする

「質問があれば、それにさくっと答えればいいから、文面を深く考えずに済む」(10代男性)など、何らかの質問文であれば、何を返せばいいのかが明確なので、相手を困らせずに済むようです。ただし、唐突に質問だけを送ると不審がられてしまうので、前後の流れは考えたほうがいいでしょう。


【2】「明日の会議って何時からだっけ?」など、仕事や学校に関する確認をする

「仕事のことなら、答え方とかに気を使わずに返せる」(20代男性)というように、会議時間の確認などの事務的な内容であれば、LINEが苦手な男性でも返そうと思えるようです。上司や後輩など、あらゆる立場の相手に対して使える手でしょう。


【3】「昨日のテレビ見た?」など、時事ネタを振る

「最近観ているドラマの話とかなら、互いの趣味もわかってイイと思う」(10代男性)など、テレビやネットで話題になっていることや興味のあるネタについて、さっと振ってみるパターンです。やりとりを重ねるうちに相手の人となりも知ることができるので、親しくなるのに有効な手かもしれません。


【4】「野球の試合、見に行った?」など、相手の趣味に触れる

「趣味の話なら自然と盛り上がるし、LINEのやりとりも続きやすい」(20代男性)というように、趣味の話題に関してなら、喜んで返信する男性は多いようです。相手の趣味をよく知らない場合は、「野球って興味ある?」などと聞くところから始めてもいいでしょう。


【5】「ゲームの攻略法、教えて!」など、軽い内容の相談をする

「軽い内容なら真意を深読みする必要もないし、知識も披露できてこっちも満足」(20代男性)など、何気ない相談には、知識を総動員して答えてくれる男性もいるようです。人生相談となると重く感じる男性もいるので、テーマは軽めにしておきましょう。


【6】「今日はお疲れさまでした」など、一日の仕事をねぎらう

「仕事終わりの時間に『お疲れさま』って来たら、うれしくなって返しますね」(20代男性)など、相手を気遣う一言コメントも高評価のようです。こればかりはタイミングがものをいうので、変な時間に送ってとんちんかんな印象を与えないように気を付けたいところです。


【7】「キレイでしょ」など、風景や動物の画像を送る

「動物の写メだったら感想も返しやすい」(20代男性)というように、何らかの画像が送られてくると、それについての感想を書けばいいため、返信しやすい男性が多いようです。自撮りなどは、相手を困らせてしまうおそれがあるので、控えたほうがいいでしょう。


【8】「今、何してるの?」など、現在の状況を聞く

「そのときの状況を言えばいいし、ヒマならLINEで盛り上がってしまえばいいと思う」(10代男性)など、そのときの状況次第で、暇つぶし的にLINEを楽しみたいという人もいます。あまりしつこくないニュアンスでさらっと訊ねれば、気楽にリアクションしてもらえるのではないでしょうか。


【9】「今度、飲みに行きません?」など、軽いノリで誘う

「誘われるだけでうれしいし、気になる子だったらテンション上がる」(20代男性)など、女性から誘われたという事実だけで気持ちがたかぶり、返信したくなる男性もいるようです。ただし「行けない」という返信が来る可能性も、覚悟したほうがいいでしょう。


ほかにも男性が気軽に返信できるLINEの内容を知っていたら教えてください。皆さんのご意見をお待ちしております。(有竹亮介/verb)

関連記事

オトメスゴレンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術のニュースランキング

ランキングの続きを見る

生活術の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索