世界のストリートでも、色づかいがオシャレの明暗を分けている今季。色の特性を生かしたスタイリングをひもとき、参考にしたいアイディアを解説!


 BASIC COLOR 
「くり返しがいのある定番4色」
スタイリングにとって都合のいいベースカラー、黒・白・ブラウン・ベージュ。言わずと知れた4色の更新がかなう、アイテム選びと着方を調査。


White & BLACK

1.冷静さを保てる黒で甘いデザイン

黒は、シースルーやドットなどのフェミニンなアイテムが主流になっていくもよう。ALL黒でまとめたりシューズはゴツめを選んだりと、かわいくなりすぎない工夫が不可欠に。1.シアーな花柄のスカートを着用。ジャケット+ハイネックニットと上半身はシンプルにして、女っぽさのバランスを調整。2.小粒のドットスカート&ワンピース。全身黒&ロングシルエットが重く見えない秘訣は、光沢のある素材感にアリ。3.レディなムードが増すキュッと締まったウエストライン。反して足元はレースアップブーツをハズしに活用。


2.心地よくラクなALLホワイト

ゆるいシルエットやラフな素材をとり入れても、白にそなわる緊張感のおかげでくだけた印象を回避。肌がのぞく箇所をどこかにつくると、のっぺり見えずに女っぽさも両立できる。1.ニットワンピにコンバースを合わせたシンプルカジュアル。仕上げに同色のジャケットをはおったことで大人っぽく昇華。2.深いVネックが特徴のルーズな白ニット。潔くデコルテをのぞかせて、気負わないワンツーに色香を演出。


3.白デニム × くすんだキレイ色

肌なじみのいいカラーアイテムの合わせとして、支持されていた白デニム。デニムの明るい白がくすみ色にメリハリを与える。1.コインネックレスやスカーフで、マイルドなオレンジをレトロに装飾。ブルーデニムではなく白を選ぶことで、古くささが消えてモダンな仕上がりに。2.ペールイエローと白でグラデを形成。ブラウスのしなやかさとデニムのハードさ、質感に差をつければ緩急のある見た目に。


4.レトロなモノトーンで気分転換

クラシカルなムードが浸透している今、モノトーンを往年の淑女のように楽しむ人が増加傾向。1.白ニットにギンガムチェックのパンツをプラス。BIGサイズのサングラスなど、小物でモード感を加えてほっこり見えるのをセーブ。2.キャスケットやスカーフと、レトロマリンな小物を合わせたスタイリング。服を今っぽく重めのシルエットにして、なつかしい小物をモダンにアップデート。3.千鳥格子のコートを主役に、ほかはミニマルな黒で統一。クリアピアスや肌感のあるシューズをさし、抜けを意識するとベター。


5.黒の抜き役に薄色ジーンズ

ベロアやニット、レザーなど。冬らしい重量感のある黒に、親しみや軽やかさを与える薄色デニムが、ストリートでも人気が高いよう。1.リュクスな風合いのベロアジャケット。デニムのほかに、武骨なジュエリーやブーツを足してメンズライクに変換。2.個性の強いデザインニットの力を抜きたいときにも、ライトブルーのデニムがお役立ち。3.薄いブルーを選び、レザージャケットの重厚感とハードさを引き算。きゃしゃなシューズで女らしさも補完。


Brown & BEIGE

6.茶系のグラデは”メリハリ”を重要視

ブラウン系のワントーンは、濃度や質感などわかりやすい差をつくり、のっぺりと見せないことが肝要に。1.キャメルのジャケットにココア色のカーデを巻きつけ、近いカラーの中で強弱づけ。2.凹凸感のあるニットをとり入れ、目線を引き上げることに成功。レオパード柄とシューズの白による、アクセントの効かせ方も見事。3.メリハリをつけたいとき、柄ものに頼るのも手。チェックが入るだけで、まろやかなブラウンコーデが一気に締まる。


7.上品なブルーとブラウンを同時に使う

清潔感のあるブルーと落ち着いたブラウンのかけ合わせは、コンサバすぎず個性的すぎない絶妙なコンビネーション。1.ツヤっぽい水色のスカートを投入し、シックなブラウンを華やかに。2.チェックの色に近い、ライトブルーのニットで一体感をメイク。紳士なイメージのグレンチェックに、女性らしさを演出できる。3.それだけで”十分もつ”シャツに、あえてもう1枚レイヤード。ブルーがさし色となり、マニッシュなワンツーの気品が倍に。


8.質感に差をつけて黒 × ブラウン

無難になりがちな黒とブラウンの合わせは、異なる質感で緩急をつけると目新しい印象に。「いつもの2色」なら、レザーやサテンなど注目の素材も、ハードルが下がってとり入れやすく。1.ぬくもりを感じさせるキャメルのはおりを、レザーパンツでクールに転換。ボリュームのあるゴールドアクセやレオパード柄小物で、エッジを加算。2.マットな生地感のジャケットをサテンスカートで抑揚づけ。サテンの光沢が、穏やかな2色をリュクスに。


9.あたたかみのある赤で鮮度UP

着用率の高かったトマトレッドは、同じくぬくもりをそなえたベージュと相性抜群。ほっこりしすぎないよう、シャープなアイテム選びが正解。1.赤いスカートをゆるいニットの締め役に。アシンメトリーな形やスクエアトゥブーツで、シャープさをプラス。2.白のかわりに赤いシャツをとり入れ、正統なジャケットをリフレッシュ。+黒っぽいデニムで辛口に。3.なつかしい色合いのタートルネックを、くすみベージュのラップスカートでモードっぽくシフト。


10.大人っぽさと甘さの両立=ベージュ×白

ベージュのはおりに頼れば、ピュアな白を大人っぽく引き上げることが可能。1.ドット柄のシャツワンピにベージュのブルゾンを重ねたテイストMIX。2.オーバーサイズのトレンチを重ね、華美なフリルの甘さを引き算。3.とろみのある白の上下に、レザージャケットを追加。しなやかなレザーが加わり、コンサバすぎない見た目に。4.ノーカラーコートにワイドパンツと、ベージュの分量を多くしたことで、スキッパーブラウスの生まじめさが適度に和らぐ。


 DEEP COLOR 
「品よくまとめるこっくり色」
カーキやネイビーはより暗めのトーンに移行。赤はボルドー、イエローはマスタードというように、原色系は深みを持たせた色みで、上品なムードに転換。


MUSTARD
1.渋みのあるマスタードで肌見せ

黒やネイビーなど素肌とのコントラストが強い色だと、肌感が強調され色っぽくなりすぎることも。落ち着きと渋さのあるマスタードなら、目立ちすぎることなくシックに肌見せが楽しめる。ハリのあるワイドパンツを合わせて、メンズライクなハズしを加えたのも正解。マスタードとベージュのグラデも大人な仕上がりに貢献。


KHAKI
2.カーキは”面積大きめ”に

全身をカーキでまとめたスタイリングも数多くキャッチ。1.とろみのある質感やウエストリボンのディテールにより、カーキならではの武骨な印象が和らぎ女性らしさが漂う。2.ゆったりルーズなニットと薄いカーキのタイトスカートとの組み合わせ。素材感にメリハリがあるおかげで、ワントーンでものっぺりしない。3.ロング丈のアウターをばさっとはおったハンサムな装い。小さな黒をちりばめて、引き締めたところが好バランス。4.ニットにレザーパンツと、異なる素材感をかけ合わせて抑揚づけ。タイトなヘアスタイルとデコルテ見せが、色香をあと押し。


BORDEAUX
3.ボルドーのボトムでキレイめもカジュアルも

活躍の場を広げる渋い赤。スエットやニットに合わせればカジュアル、ジャケットやシャツなどに合わせればキレイめと、ON/OFFも問わずに使える。1.ゆったりとしたベージュのスエットにボルドーのプレスパンツ。アイテム自体はふつうながら、シックな配色により新鮮味がかなう。2.MIXニットから色をひろい、ボルドーのパンツを選択。上下にまとまりがあるおかげで、カジュアルな合わせも上品。3.ピンクのジャケットとボルドーのタイトスカートで、ひとひねり効いたワントーンに。女性らしいカラーリングのハズし役として気楽な白TをIN。


DEEP GREEN
4.ディープグリーンで黒を更新

冷静さを保てる深いグリーンの人気も上昇中。1.ノーブルな雰囲気を持つシャツとワイドパンツのセット。それだけでさまになるので、いつもの黒バッグを添えるだけで飾り立ては不要。2.ボリューミィなハイネックニットが、プリーツスカートと好相性。黒のロングブーツを仕込んで足元にも重厚感を。極力抜けをつくらない色合わせと着方により、濃色がいっそうシックな仕上がりに。


NAVY
5.ハンサムな装いはネイビーで

ジャケットをポイントにした、マスキュリンな格好。黒よりやさしい印象がかなうネイビーをとり入れることで、かたくなりすぎずにほどよい女性らしさを演出できる。1.黒だと辛口に転びがちなストライプのセットアップも、ネイビーだと知的な印象。肌感のある白のインナーを用いて抜け感を。2.ネイビーをレイヤードし、黒のレザーパンツの強さを中和。3.チェックジャケットの締め役として、ネイビーをアクセントに。ブルーデニムと相まって、ジャケットの緊張感がほぐれる。


 PALE COLOR 
「キレイな色はくすんだ色み」
やわらかさのあるキレイ色は今後ますます盛り上がっていく気配。トップスならカジュアルに、ボトムなら美シルエットのもので色の甘さを和らげて。


LAVENDER
1.先にもつながるラベンダーのはおり

春らしさの薫るラベンダー色。カーデやシャツアウターなど重ね着しやすいデザインなら、今から春まで長く使えること必至。1.ざっくり編みのニットカーデと薄色デニムでレトロガーリーに。パイソン柄のバッグでスパイスをIN。2.パープルにピンクベージュを合わせた、やさしいツートーン。中に着た白Tがカジュアルなさし色に。


LIGHT BLUE
2.使いまわせる”あたたかい水色”

華やぎと品格をあわせもつライトブルーのアイテムも豊作。1.アクティブなイメージのダウンジャケットも、グレーとなじみのよいブルーを選べばハンサムに。2.主張の強すぎない色みを利用し、カラーボトムを合わせるのもいい。×ピンクでつくったフェミニンなバイカラーも、小さくのぞく白シャツのおかげでかわいくなりすぎない。3.薄色デニムとつないだワントーン。きゃしゃなパンプスで整えれば、ラフなデニムもキレイめに着地。4.メンズライクなCPOジャケットも、寒色だと上品な見た目に。白黒でまとめたシンプルな装いに華やかさが生まれる。


PALE PINK
3.気楽なアイテムで甘いピンクを

ものによっては、スウィートになりすぎるピンク。親しみやすさが欲しいなら、ボアコートやワイドパンツなどカジュアルなアイテム選びがベター。1.ピンクのかわいげが引き立つふわもこのコート。糖度をおさえるべく、合わせはALL黒が正解。2.ワイドパンツを選んでピンクを大人化。ライダースやスニーカーでメンズライクにハズしたところも絶妙。


GRAY TONE
4.知性がかなうグレイッシュな美形パンツ

今シーズンとくに多かったのは、オリーブとグレーの中間のようなあいまいカラー。シンプルな白や黒と合わせるだけでさまになる。1.センタープレス入りのワイドパンツで、黒ブラウスもさらに品よく。2.どちらもゆるいシルエット&淡いトーンのため、アクセントの太ベルトが効果的。3.マニッシュな印象になりがちなジャンプスーツも、品格をそなえたグレートーンならフェミニンな面持ち。+モノトーン小物でより都会的に引き上げ。


MILD YELLOW
5.パステルイエローは紳士な形で

なつかしい雰囲気の漂うクリームイエロー。ほっこりしないよう、切れ味のある美シルエットにこだわる必要が。1.肩の落ちるジャケットと首つまりのニットが、ペールイエローを渋く変換。総柄タイツとローファーを足し、ヴィンテージっぽく。2.フィット感のあるタートルを合わせた品のいいワンツー。パイソン柄ブーツをポイントに、淡いカラーにエッジを投入。3.美人度の高いタック入りのテーパード。きちんと感のある形に甘え、遊びの効いたニットをON。