誌面のスタイリングにおいても、またはプロたちの私物でも選ばれ続けるのは、ミニマルで品のよさが漂うバッグ。日常に寄り添い、使うほどに魅力を感じられるものだけを厳選し、さまざまな角度からご紹介。
※( )内の数字はバッグのサイズで、縦×横×マチ、単位はcmです(編集部調べ)。


バッグもワンツー「ミニとサブ」
「相性のいい服の組み」があるように、2つ同時に使うことで完成度を上げられる、知的なミニバッグと支え役のサブバッグの関係に着目。選びや合わせのヒントとともに、理想のエコバッグ探しをナビゲート。


A:FASHIONISTAS SNAP
可能性が広がる「Wづかいの相性研究」
ファッションセンスに長けた9名の私物バッグを公開。相反するテイストを合わせたり、色をリンクさせたり…。彼女たちのルールから、アイディアを収集。


FILE 01
MIYUKI KAWARAI
(BEAUTY&YOUTH PR)

MINI BAG:MARROW
SUB BAG:ZILLA

シルバー×ミントグリーンで春らしく
「仕事の日もミニバッグを持つことが多く、サブとして紙袋風のバッグを新調。タイダイ柄ブラウスに、ペールトーンとシルバーのバッグがやわらかな雰囲気をもたらします」(河原井美幸さん)


FILE 02
KUNIKO NEMOTO
(Theory PR)

MINI BAG:Theory
SUB BAG:Theory

ラフな風合いが黒をゆるめる
「3月に発売するTheoryのチャリティバッグを愛用。やさしい生成り&白いロゴのナチュラルな見た目が気に入っています。黒小物が多い私にとって、ほどよい力の抜き役に」(根本久仁子さん)


FILE 03
AYAKO TANAKA
(AYAKO DIRECTOR)

MINI BAG:AYAKO
SUB BAG:Gypsohila

キャンバス地を黒のレザーで格上げ
バッグブランドAYAKOのディレクター。「実は息子のレッスン用に作った、馬の親子が寄り添う絵柄のバッグ。モノトーンだからどんな色とも合うと気づき、自分が使うように」(田中彩子さん)


FILE 04
CHISATO TAKAGI
(STYLIST)

MINI BAG:Paco Rabanne
SUB BAG:Yves Saint Laurent Museum
シンプルなトートがメタルをなごませる
「サブバッグは旅先のモロッコで購入。アクセ感覚で使っているヴィンテージのバッグに荷物がおさまらないとき、たくさん入るこのトートが活躍。ミニマルで合わせやすい」(高木千智さん)


FILE 05
CHIE KATO
(FREELANCE PR)

MINI BAG:LIFESTYLIST
SUB BAG:Whitney Museum of American Art

白のラインがタフな黒のアクセントに
「N.Y.のホイットニー美術館で購入。黒地に白のアートが効いていて、エコバッグなのにモードに持てるところが好き。ミニバッグも黒で統一し、ボーイッシュなつなぎを都会的に」(加東智恵さん)


FILE 06
MAKIKO IWATA
(STYLIST)

MINI BAG:MAISON BOINET
SUB BAG:Palorosa
かご&レザーバッグのメリハリ感
「サブバッグとしてマルシェバッグを活用。ベージュの服が多いので、バッグでツヤ感を足すとバランスがいい。今季らしいダスティミントに、茶色のバッグを合わせました」(岩田槙子さん)


FILE 07
MAKI KANEKO
(regleam DIRECTOR)

MINI BAG:BURBERRY
SUB BAG:BURBERRY

レザーバッグの黒とロゴをリンク
「PCが入るちょうどいい大きさに惹かれて即決! ボリュームブラウスの甘さをおさえるべく、ヴィンテージ風のTBバッグとサブバッグでカジュアルな要素をとり入れました」(金子麻貴さん)


FILE 08
YU-U
(N.MIST HAIRSTYLIST)

MINI BAG:HOLIDAY
SUB BAG:little $uzie

スポーティな黒とも相愛なシンプルさ
「購入特典でもらったlittle $uzieのエコバッグは、コーデのじゃまをしないひかえめさで大活躍。淡いカラーの服に生成りのバッグをなじませつつ、黒のミニバッグで締めました」(YU-Uさん)


FILE 09
TOMOKO IJICHI
(URBAN BOBBY DESIGNER)

MINI BAG:URBAN BOBBY
SUB BAG:Varet street

ナチュラルバッグ+茶色で上品に
姉妹でバッグのデザインを手がけ、制作も行う。「季節感のあるトートが欲しくて作りました。天然素材のバッグに合わせ、さわやかな白ワンピを。ブラウン小物で品をプラス」(伊地知朋子さん)


B:WHERE TO GET
「いい効果をもたらす」サブバッグリスト
身近なものなのに探すと意外にない…。そんな声にこたえて各ブランドのサブバッグをお披露目。さまざまなショップをめぐって、手持ちのミニバッグを補完するデザインを選抜。


No.01
カジュアルすぎない白一色

(H35.5 × W38.5 × D13)
バッグ 6,000円+税/ビューティフルピープル(ビューティフルピープル 銀座三越) BIGサイズのタグは、シンプルながら存在感抜群。


No.02
女性らしい小さなドット

(H32.5 × W32.5)
トートバッグ 5,900円+税/COUDRE(MIKIRI PR) 細いショルダーストラップが、カジュアルになりがちなトートバッグを品行方正に。


No.03
コスメを買うついでに欲しくなる

(H50.5 × W27 × D12)
バッグ 2,900円+税/コスメキッチン 海洋プラスチックでできたコスメキッチンのオリジナルバッグ。軽い素材感で持ち運びにも便利。


No.04
品格の漂うパイピング

(H37 × W32.5)
バッグ 11,000円+税/ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店 かたい生地とレザーの縁が、キャンバス地に高級感を演出。


No.05
アクセントになる赤いロゴ

(H38 × W46 × D14.5)
バッグ 2,500円(税込み)/PRETTY THINGS 東京都・駒沢大学周辺のコーヒースタンドで入手可能。ロゴが装いにスパイスを生む。


No.06
カジュアルすぎない結び目

(H47 × W33)
ショルダーバッグ 2,900円+税/サンタモニカ原宿店 大ぶりの結び目が、プレーンなバッグのポイントに。飾り気が少なく大人っぽい。


No.07
春らしいラベンダーカラー

(H41.5 × W38)
バッグ 1,500円+税/DEPT(DEPT TOKYO) 華やぎを添えるキレイ色。黒のロゴを効かせたことで、どんな服とも合わせやすく。


No.08
存在感のある似顔絵プリント

(H40.5 × W38.5)
バッグ 6,040円+税/ズー(ZUTTOHOLIC) カール・ラガーフェルド氏を味のあるタッチで表現。一点投入で遊び心をプラスできる。


No.09
装いになじむ絶妙グレー

(H37 × W32.5)
トートバッグ 3,100円+税/NO COFFEE 福岡県・平尾のカフェ。落ち着いたグレーの色みとミニマルさで、シーンレスに活躍。


No.10
無地の服も”もつ”柄ストラップ

(H36 × W36 × D11)
トートバッグ 5,000円+税/ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズストア(グーニー PR) POPなロゴデザインも、黒のバッグだと辛口。


No.11
モード感の漂う凹凸素材

(H30 × W41.5 × D8)
バッグ(S)/メゾン スペシャル 購入するともらえるショッパーは、緩衝材をまとったデザインがクール。600円で購入することも可。


No.12
服装を選ばないシンプルな書体

(H35 × W36 × D10)
バッグ/waltz 東京都・中目黒のカセットテープ&レコードショップ。購入特典のトートバッグは、ユニセックスで使えるデザイン。


No.13
スカーフブランドが手がけるトート

(H41 × W38)
バッグ 16,000円+税/manipuri(ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店) 2種のスカーフをつなぎ合わせた華やかな一点。


No.14
シックに持てる黒の総柄

(H41 × W37)
バッグ/HAY TOKYO 東京都・表参道に直営店があるインテリアプロダクトブランド。5,000円(税込み)以上の購入でもらえる。