GISELeスタイリストが推すベーシック服を、1着で数パターンの可能性を持つ「手数」と、無理せずに手を出せる「手頃」の項目にカテゴライズ。ショップで得られるアドバイスさながらの解説つきでお届けします。


スタイルをつくっていく「手数の多い服」
1つ加えるだけでワードローブの稼働率を上げられるアイテムを求め、着方の選択肢をいくつも持つ服を、スタイリング例とともに聞き込み。


SELECT - A
「主役も脇役も楽しめる」
1枚で着るのはもちろん、インナーや小物としても存在感を発揮するトップスとして選ばれたのは?


1_SWEAT
肩がけにも適したボリューム

スエット 31,000円+税/CAN PEP REY(Diptrics) 「シンプルに着てもよし、1枚では甘いと感じるワンピに肩がけするのもよし。派手すぎないキレイ色が、ほどよいくずし役に」(樋口かほりさん)


2_BLOUSE
ちら見せしやすいシルエット

ブラウス 27,000円+税/フォンデル(ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店) 「えり元・そで口の形がしっかりしているので、上からニットを着ても好バランス」(出口奈津子さん)


3_KNIT
添えるだけで一気に春めく

ニット 12,800円+税/アダム エ ロペ 「Vネックのバックスタイルにより、無難なボトムを合わせるだけで十分オシャレ。腰巻きすれば、白T×デニムも簡単に今っぽく」(岩田槙子さん)


4_CARDIGAN
無地の服に新鮮味をもたらす

カーディガン 14,000円+税/LACOSTE(ラコステお客様センター) 「上品な細ピッチのボーダーが気になる。ボタンを上だけとめたり肩がけしたり、豊富なアレンジができそう」(渡邉恵子さん)


SELECT - B
「1つでさまざまな顔」
ボタンを開ける、付属のインナーだけで着る…。ささいなアレンジで変幻する、お得感のあるアイテムを披露。


5_T-SHIRT + ALL-IN-ONE
今季らしいワントーンが手軽に

Tシャツコンビオーバーオール 34,500円+税/イルク・アダム エ ロペ(アダム エ ロペ) 「上下一緒に着るのがオススメですが、サイズ感が絶妙なベージュのTシャツは単品でも優秀」(樋口さん)


6_CACHE-COEUR + TANK TOP
インナーをかえて印象チェンジ

トップスセット 7,480円+税/MOUSSY(バロックジャパンリミテッド) 「ノースリーブを着ずにデコルテを見せたり、違う色のインナーにかえたりすれば、全く違う服のように」(高木千智さん)


7_JACKET
前を閉じるとブラウスのよう

ジャケット 43,000円+税/CASA FLINE(CASA FLINE表参道本店) 「サテンの質感が女性らしい。薄手なので、アウターとしてだけでなく、前を閉じるとブラウスとしても使えます」(出口さん)


8_SHIRT DRESS
春先のはおりとしても活躍

シャツワンピース 18,000円+税/AKTE 「ボリューミィな広がりが特徴の1枚で、軽アウターとしても重宝。同色のニットキャミやタンクに重ねれば、大人カジュアルな仕上がりに」(樋口さん)


SELECT - C
「2つそろえて幅が広がる」
単品でも成立し、セットで着るとより可能性が広がるアイテムを選抜。2つそろえていいこととは?


9_JACKET & HALF PANTS
×Tシャツでカジュアルにも

ジャケット 34,000円+税、パンツ 19,000円+税/ともにウィム ガゼット(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) 「ハーフパンツが特徴のセットアップ。一緒に着るだけで今年っぽく」(石関靖子さん)


10_SHIRT & SKIRT
のっぺりしないリネンの風合い

シャツ 8,990円+税、ベルトつきスカート 7,990円+税/SLY(バロックジャパンリミテッド) 「どんな色とも合うベージュは、上下そろえておいて損なし。長めのシャツははおりにも」(出口さん)


11_SKIRT & PANTS
かわいげをもたらすチェック

スカートパンツセット 16,800円+税/メゾン スペシャル 「奥行きの出る、同素材のレイヤードはトレンドの1つ。手持ちのワンピにチェックパンツを仕込めば見慣れた印象も更新できる」(岩田さん)


12_SHIRT & SKIRT
ワンピ見えするシルエット

シャツ 28,000円+税、スカート 28,000円+税/ともにザストアバイシー(ザ ストア バイ シー 代官山店) 「とろんとした落ち感のある生地に品があり、平日/休日問わずに使えます」(渡邉さん)


SELECT - D
「使い方を変えて今と先」
春本番まで待ちきれない明るく軽快な服。サブとしての使いみちも持ち、今すぐ楽しめるアイテムを厳選。


13_SHEER BLOUSE
ラフなトップスに甘さを加算

シースルートップス 8,000円+税/パブリック トウキョウ(パブリックトウキョウ 渋谷店) 「今はニットやスエットの下に着て、あたたかくなったらロゴTの上から重ねて使いたい」(出口さん)


14_PLEATED PANTS
重ね着してもほっこりしない

パンツ 15,000円+税/LAGUNAMOON(LAGUNAMOON ルミネ新宿) 「ニットパンツのかわりにワンピに仕込んだら、両サイドのプリーツが功を奏して、簡単に凝った見た目に」(岩田さん)


15_CHECK SHIRT
のぞかせるだけでも存在感抜群

シャツ 23,000円+税/ユニオンランチ(サザビーリーグ) 「このギンガムチェックは青の色みが甘すぎず、大人も着やすいと思う。春本番はハーフパンツと合わせて1枚で着るのもいい」(石関さん)


16_SHIRT
ニットに忍ばせメリハリづけ

シャツ 3,990円+税/AG バイ アクアガール 「手首のフレアシルエットが特徴のとろみシャツは、インナーとしても大活躍。カラーカーデから白をのぞかせ、レトロに振り切りたい」(高木さん)


SELECT - E
「ON/OFF使えるコート」
テイストもまとうシーンも選ばないと意見が一致したのは、やっぱりロング丈のコート。その理由とは?


17_TRENCH COAT + GILET
ジレの有無で印象が変わる

レイヤードコート 85,000円+税/FILL THE BILL(4K) 「共布のジレつき。トレンチ1枚だとノーブル、ジレに重ねるとモード。ボタンを閉じればワンピに変わるジレもとても優秀」(渡邉さん)


18_KNIT CARDIGAN
首元の開きでまじめ度を調整

ロングカーディガン 8,500円+税/SNIDEL 「上までボタンがついていて、全部とめるとクルーネックのようにも変身。これに美形パンツを合わせれば、オフィスにもなじむと思う」(高木さん)


19_GOWN
リネンなら気張って見えない

ガウン 13,000円+税/Ungrid 「ノーカラーで上品だけど、リネン素材だから力みすぎていない。ベージュや白のグラデが気になる今春、強弱をつけやすい濃いめの色がオススメ」(岩田さん)


20_COLLARLESS COAT
黒のパイピングが締め役に

リネンコート 46,000円+税/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア) 「素材はカジュアルですが、パイピングが効いていてキレイめにも見せられる」(石関さん)


SELECT - F
「着まわしに効くカラー」
色であふれる今シーズン。簡単に試せて、組み合わせが一辺倒にならない色選びのコツをヒアリング。


21_PINK PANTS
ブラウンの延長線上のピンク

パンツ 29,000円+税/エリン(シップス 渋谷スクランブルスクエア) 「茶色になじませたり×白で色を目立たせたり。配色で雰囲気が変わり、”また着てる”という印象も与えにくい」(渡邉さん)


22_SOFT KHAKI JACKET
ハードルが下がるソフトな色

カーキリネン混ジャケット 12,000円+税/Ungrid 「ナチュラルな風合いが、目新しい色を親しみやすく。凝ったインナーだと難しく見えるので、さらっとしたワンピ合わせがオススメ」(樋口さん)


23_LIGHT BLUE PANTS
デニム感覚で臆せずはける

パンツ 14,000円+税/スローブ イエナ(スローブ イエナ 自由が丘店) 「デニムがわりに使える淡いブルーだと、カラーボトムもとっつきやすい。センタープレスが知的さも演出」(出口さん)


24_PURPLE SKIRT
品のかなうダークパープル

リネンスカート 24,000円+税/LE PHIL(LE PHIL NEWoMan 新宿店) 「派手に見えて、ロング丈&美形なので大人っぽさを保てる。黒やグレーになじむ色なので使いやすいです」(石関さん)


GISELe STYLIST TEAM

YASUKO ISHIZEKI
創刊からGISELeを支える敏腕スタイリスト。着映えするシルエットや発色のキレイなアイテムを毎回提案してくれる。



KEIKO WATANABE
女性らしさと品のよさを兼ねたセレクトが得意。スタイルUPを促すちょっとしたディテールにも、独自のこだわりが。




KAORI HIGUCHI
毎号GISELeの表紙のスタイリングも手がける頼れる存在。シンプルなのにさまになるアイテム選びに支持が多数。




MAKIKO IWATA
旬をとり入れつつ、大人も試しやすいアイテムの選定で人気。着まわし企画を担当することも多く、アレンジ法にも精通。




NATSUKO DEGUCHI
GISELeではTシャツやニットなどのベーシック服を比べる企画を担当したこともあり、多くの「使えるブランド」を熟知。




CHISATO TAKAGI
どこかメンズライクなアイテムを使って、女らしさを引き立てる提案が得意。気張らず着られる形や素材も重要視。