浮遊感たっぷりな触手系シーケンサーアプリ「Seaquence」

浮遊感たっぷりな触手系シーケンサーアプリ「Seaquence」


あなたの背後に這いよるリズム。

名状しがたき触手のようにも菌のようにも、または暗い海を漂うクラゲのようにも見えるこのアプリ「Seaquence」は、Okaynokayが開発したミュージックアプリです。そのユニークなビジュアルからはドリーミィなサウンドが飛び出してきます。



映像はSeaquenceより。

それぞれのクラゲが個別のトラックを所有しており、タップすることでシーケンス、波形(矩形波、ノコギリ波、サイン波、三角波、ノイズ)、エンベロープ、スケールなどをエディットできます。伸びている触手の正体はシーケンスで、打ち込んだかたちによって変化するようです。

新しいクラゲを生み出すには右上の+アイコンをタップ。取って出しでも浮遊感の強いフレーズが作れますが、テンポの倍数をズラしてみたり、ディレイを強めにかけたりするとより奥行きが出て楽しいですよ。ちょっとしたクロックディバイダー感覚です。

ダウンロードは基本無料。840円の課金でテンポやフィルター、MIDIエクスポートといった制限機能をフルに使うことができます。ぽやーっと眺めたり、つついたり、あるいは触手を限界まで伸ばしてみたり、いじくり倒すのが楽しいアート的シーケンサーですね。

・1985年のグラミー賞はスーパーシンセサイザー祭りだった?

image: © OKAYNOKAY 2017 via YouTube
source: App Store, YouTube

(ヤマダユウス型)

ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

Gizmodo Japanの他の記事もみる

トレンドの主要なニュース

トレンドのニュース一覧へ

11時47分更新

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索