「Netflix アニメスレート2017」レポート:クリエイターには最高の環境を、視聴者には最高の体験を

「Netflix アニメスレート2017」レポート:クリエイターには最高の環境を、視聴者には最高の体験を

Photo: ギズモード・ジャパン


ネトフリアニメが、今、ヤバい!

オリジナルドラマ『ストレンジャー・シングス』のシーズン2も決定したNetflix(ネットフリックス)が、2017年8月2日(水)に発表会イベント「Netflix アニメスレート2017」を東京国際フォーラムにて開催しました。折しも今年は、日本アニメーション100周年の年でもありますね。

このイベントは、その名の通りNetflixのアニメコンテンツにフォーカスを当てたもの。現在Netfixは500を超えるアニメ作品をラインナップし、映画『BLAME!』の劇場との同時公開など、ここにきてアニメへの意欲がより見えるようになってきました。キャストによるトークセッションや多数の新作発表、旬なタイトルのアピールなど、まさにネトフリ産アニメまみれの4時間となった、本イベントの模様をお届けします。


Photo: ギズモード・ジャパングレッグ・ピーターズさん


ニッポン放送アナウンサーの吉田尚記さん司会のもと第一部が始まると、Netflixのチーフ・プロダクト・オフィサーであるグレッグ・ピーターズさんが挨拶。レシーバーを用いた同時通訳も行なわれるほど、気合いの入れっぷりでした。Netflixは若い会社ですが、世界中のトップクリエイターたちとオリジナルコンテンツを作る努力をしていて、そのグローバルラインナップの中で特に重要なのがアニメであること。昔の作品や今の作品を最高の品質で提供したいと熱く語り、現在は日本の50社の企業と仕事をしていると話しました。

また、世界でのアニメ視聴分布をヒートマップで表し、日本は登録数の約半数以上のユーザーがNetflixでアニメを楽しんでいると視覚的に説明。これは世界でみると1割に相当するそうで、アニメコンテンツに注力するというのは日本はもちろん他9割のグローバルオーディエンスにアプローチすることになると言います。そのために多言語のローカライゼーションやエンコード技術の向上による省ビットレート化も日夜努力しているとのことで、新開発の高品質150kbpsエンコードでは、2GBという制限下でも月30時間以上の視聴ができるそうです。


Photo: ギズモード・ジャパン左:置鮎龍太郎さん、右:アディ・シャンカルさん


挨拶を終えると、Netflixオリジナルアニメ『キャッスルヴァニア』エグゼクティブ・プロデューサーのアディ・シャンカルさんと、同作の主人公トレバー・ベルモンドの日本語吹き替えを担当している置鮎龍太郎さんによるトークセッションがスタート。アディさんの単独インタビュー記事も、近々公開予定です。

好きなアニメを聞かれたアディさんは『ガンダム』シリーズや『進撃の巨人』などを挙げ、子供の頃は『ガッチャマン』を見て育ったとのこと。アメリカではアニメ=子供のものというのが一般的な認識で、Netflixがアニメをショウとして存在できるようにしてくれたと興奮気味に語っていました。また、『キャッスルヴァニア』については10年来の構想があったと述べ、今回のショウはファンのために作らせてもらったと力強く言っていました。

今作の主人公、トレバー・ベルモンドの吹き替えを担当する置鮎さんは、過去に『悪魔城ドラキュラ 月下の夜想曲』でアルカード役を演じており、今回もらったキャッスルヴァニアの台本を見て「あ、実写版あったんだと思った」と、はじめは勘違いされていたよう。しかし本を読んでいくうちに、ラジオドラマ『悪魔城ドラキュラX 追憶の夜想曲』でリヒター・ベルモンド役を演じていた三木眞一郎さんが今作ではアルカードを担当し、過去にアルカードをしていた自分がトレバー・ベルモンドをやるというシャッフルな配役に多いに驚いたと仰っていました。


Photo: ギズモード・ジャパンリラックマ


休憩をはさんだ第二部では冒頭からリラックマが登場し、サイレント&キュートな動きで新作アニメ『リラックマシリーズ(仮)』を発表。ストップモーションアニメで知られるアニメーション会社ドワーフが制作を担当し、Netflixでの独占配信になるとのこと。会場でのほのぼの感がすごかったです。『キャッスルヴァニア』からのリラックマですからね。

リラックマ退場後は現在配信中の作品についての紹介。『リトルウィッチアカデミア』、『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』、『賭ケグルイ』、『Fate/Apocrypha』などなど、今をときめくタイトルがPVとともに紹介されました。いやー、良いとこ選んでます。

さらに、これから配信される作品として『クジラの子らは砂上に歌う』、『GODZILLA 怪獣惑星』を、ライブアクション(実写)ドラマ作品として『僕だけがいない街』、『炎の転校生 REBORN』を、そして『DEATH NOTE』のハリウッド映画化、『ヴォルトロン』の新シーズンスタートなどを紹介。


Photo: ギズモード・ジャパン画面右ソファー/左:ラション・トーマスさん、右:金子文雄さん


第二部の最後には本日初公開となる『キャノン・バスターズ』を紹介し、プロデューサーのラション・トーマスさんと株式会社サテライトの金子文雄さんによるトークセッションが行なわれました。いわく、はじめにサテライト側がオファーされたときは、同社に所属するデザイナー/イラストレーターのロマン・トマさんにデザインの発注をお願いしていたそうで、それがきっかけで会社規模でのパイロット版制作につながったとのこと。


Video: LeSean Thomas/YouTube


ラションさんの「国内だけでなく世界に向けて作っていきたい、日本のスタッフと一緒にやりたい」という思いから、日米タッグの結成に至ったそうです。設定資料も少し公開されたんですが、とても活き活きしていてワクワク高まるデザインでした! この日米合同の冒険活劇アニメが動くのが本当に楽しみです。ガキョンガキョン動くメカが見てみたい!


Photo: ギズモード・ジャパン福原遥さん


第三部ではコーナーMCとして福原遥さんがステージに登壇。福原さんは自身もアニメ好きを公言しており、『ソードアート・オンライン(SAO)』や『となりの怪物君』、『orange』などをNetflixで見ているとのこと。今日の衣装も、大好きだというSAOのユイをイメージして白のワンピースに、Netflixの赤をイメージして真っ赤な靴でキメてきたそうです。

第三部は情報発解禁の作品が目白押し! 最強死刑囚編を描く『バキ』、制作はトムス・エンタテイメント。流血表現もNetflixなら許されるッ! ギャラクシアンウォーズ編からセイントウォーズ編までを描く『Knight of the Zodiac 聖闘士星矢(仮)』、制作は東映アニメーション。ティザービジュアルがまるでラブロマンスもののような美しさッ! オリジナル王道ファンタジー『LOST SONG』、制作はMages。歌を巡る奇跡の物語を、田村ゆかりさんと鈴木このみさんのダブル主演で演じますッ! 


Video: Netflix Japan/YouTube


武器vs武器のダークファンタジー『ソードガイ The Animation』は、井上敏樹さん×雨宮慶太さんの最強特撮タッグで描かれるガチアクションッ! 城塞都市を舞台とするクライムサスペンス『B:The Beginning』、制作はPrudction I.G.。マーティ・フリードマンとKenKenさんの鬼トラックが炸裂ッ! 映像公開後に会場がため息で充ち満ちた『A.I.C.O. 〜Inacarnation〜』、制作はボンズ。臓腑に刺さるバイオSFアクションをリミッター無しに描き倒すッ!


Video: Netflix Japan/YouTube


そしてそして、怒濤の新作ラッシュの最後をかざるのは、湯浅政明監督が手がけるTVシリーズ『DEVILMAN crybaby』! 映画祭から帰国されたばかりの湯浅監督が登壇され、忙しいにも関わらず来てくれて嬉しいという労いの言葉に「デビルマンのためですから!」と作品への愛をにじませました。


Video: Netflix Japan/YouTube


新作PVと同時にCVも発表され、不動明役の内山昂輝さん、飛鳥了役の村瀬歩さんがゲストとして登壇。内山さんは飛鳥了役のオーディションしか受けていなかったのに、湯浅監督が過去に『ピンポン THE ANIMATION』で共演した経験から「この人なら大丈夫だろう」ということで、一言も発さないまま不動明役が決まったとのこと。


Photo: ギズモード・ジャパン左:湯浅政明監督、中心:内山昂輝さん、右:村瀬歩さん


村瀬さんは台本を見るたびに「Netflixだからなのか、超えちゃいけないラインを平気で超えてくる」と驚きつつも楽しく参加できたと述べていました(悪魔ガヤというのがあるそう)。『DEVILMAN crybaby』は全10話構成、公開時期は2018年初春!

余談ですが、意外にも福原さんは『バキ』シリーズを知ってるとのことで、戦闘シーンが綺麗でさわやか、カッコいいと仰っていました。というか福原さんの口から「バキ!」という言の葉が出てくるなんて。圧倒的非日常……ッ!


Photo: ギズモード・ジャパン


Netflixはオリジナルコンテンツを頑張ってるという印象はありましたが、クリエイターに対するリスペクトとクオリティに対する貪欲なまでの熱量を改めて実感しました。そして、そのネトフリパワーがアニメに宿ったとき、すさまじいクオリティの作品が生まれる。個人的には、『キャノン・バスターズ』、『A.I.C.O. 〜Inacarnation〜』、『B:The Beginning』の3作はめちゃくちゃ楽しみにしてます!

イベントの最後には来年もNetflix アニメスレートの開催を匂わせる発言もあり、ますますもって今後のアニメへの注力を感じさせてくれました。こういうダイレクトな言い方はしたくないんですが、ひかえめに言って最近のNetflixのアニメ、ヤバいですよ。


Photo: ギズモード・ジャパン
Source: YouTube(1・2・3・4)

(ヤマダユウス型)

関連記事

おすすめ情報

Gizmodo Japanの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索