壁コンセントをモジュール化し、シンプルなスマートホームを実現する『Swidget』

壁コンセントをモジュール化し、シンプルなスマートホームを実現する『Swidget』

Image: Swidget/YouTube


「なぜ今までこの発想がなかったのか?」と思うほどスマート。

スマートフォンから家電の操作をするスマートホーム化の波が押し寄せていますが、廊下や玄関、それに居間や寝室など家すべてをまるっと、しかも簡単にスマートホームにするガジェットが作られました。

真ん中がモジュール形式になった壁コンセント『Swidget(スウィジェット)』です。従来の壁コンセントをSwidgetに交換し、モジュールを取り付ければ、USB給電やスマホ操作で家電のオン/オフなどができるというもの。Bluetoothスピーカーなどのモジュールもありますよ。


Video: Swidget/YouTube


設置に必要な手間は、普通に壁コンセントを換えるのと同じ。

構造はシンプルで、壁に埋め込まれたら生活のジャマにもならないスグレモノです。いろんなメーカーの、いろんなガジェットをアレコレ買い漁る必要もなく、統一された規格なのもグー。当然、バッテリー切れの心配は無用。

動画によりますと、モジュールには上記のほかにもアロマセラピー、防犯カメラ、モーション・センサー、赤外線コントロール、夜間照明、温度/湿度計も揃っています。チラっとだけ、火事のときに足元の危険を知らせる一酸化炭素センサーも見えました。

そして、これらのモジュールを手持ちのスマートフォンから遠隔操作、もしくはモニタリングできるのです。

たとえば、自宅で挿しっぱなしになっている家電の電源オン/オフ切り替えや、自宅への侵入者の察知、赤ちゃんカメラの代わりも『Swidget』で済ませられますよ。


Image: KICKSTARTERSwidgetにモーションセンサーモジュールを取り付けたところ


公式サイトではタイマーやWi-Fi中継器、ホワイト・ノイズ・スピーカーに、「Alexaリピーター」なる音声認識AIアシスタントにも対応するモジュールもあると書かれています。

これらの『Swidget』をAlexaやSiriでコントロールできるようになれば、一気にSF映画なみのスマートホーム化が捗りそうですよね。一見すると単なる怠け者を増やしそうな気もしますが…オフィスで役立てても良いですし、介護の必要な現場ではかなり重宝されるんじゃないかと思います。

さらにSwidget社は開発キットをオープンにし、世の人々にもっとカユいところに手が届くモジュールを開発して貰いたいようです。未来が手の届くところまで来ていますね。

『Swidget』は現在KICKSTARTERで出資者を大募集中。4万ドル(約440万円)のゴールを大きく越えて、執筆時にはすでに6万ドル(約660万円)以上の出資金が集まっています。みんなが待ち望んでいたのはコレだった!というのがわかりますね。


Image: YouTube, KICKSTARTER
Source: YouTube via Swidget、KICKSTARTER

(岡本玄介)

おすすめ情報

Gizmodo Japanの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索