もしも SpotifyやYouTube、InstagramがSFガジェットになったら?

もしも SpotifyやYouTube、InstagramがSFガジェットになったら?

Image: SHENG LAM

SFアニメ風でアナログ感がワクワク。

芸術家というのは独特の視点を持っており、私たちが夢にも思わなかった想像力を発揮し、それを巧みにヴィジュアル化することが出来ます。UKに住む、コンセプト・アーティストのSheng Lamさんもそのひとり。

彼はFacebook、Spotify、Twitter、YouTube、SoundCloud、Instagram、Netflixといった大手SNSや配信サービスを、フューチャリスティックなSFアニメのタッチでガジェット化してしまいました。

alternate social media #sketch pic.twitter.com/rFKnYYExHj

— Sheng Lam (@_8bitwizard) 2019年7月6日

part 2 pic.twitter.com/BnG1JRCcXN

— Sheng Lam (@_8bitwizard) 2019年7月6日

90年代辺りのSFデザインは、面取り加工が重要ですよね。

説明はほぼ不要かと思いますが、Facebookはフロッピードライブになり、Spotifyは携帯型カセットプレイヤーに、そしてTwitterはモールス符号を送る電鍵、YouTubeはVHSのビデオデッキとなりました。さらにSoundCloudはCDプレイヤーで、Instagramは安直にポラロイドカメラ、Netflixも結構ストレートにブラウン管テレビになってしまいました。

Lamさんが描いたのは、もしもインターネットが発明される前に、これらのメディアがあったなら……こういったガジェット類になっていたかもね? というコンセプトとなっています。

なんだか過去の世界から未来を望むような、レトロでフューチャリスティックで、SFチックで親しみやすい、妙な懐かしさがありますよね。往年の名作アニメやマンガに登場しても違和感ありません。

今の時代にこんなデザインのガジェット類があったら、小遣いはたいて買い揃えたくなります。でもソ○ータイマー内蔵で、たった数年の使用でブっ壊れちゃうんですよねきっと。

Source: Twitter, SHENG LAM via designboom


関連記事

おすすめ情報

Gizmodo Japanの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索