VRの中でカメラを構える...! 『ライオン・キング』の作り方

VRの中でカメラを構える...! 『ライオン・キング』の作り方

Image: (c)Disney

VR『ライオン・キング』とかおもしろそう。

実写版『ライオン・キング』がもうすぐ公開ですね。まだ『アラジン』もみていないっていうのに、どうしましょう。焦っちゃう。まぁ、別に私の映画鑑賞スケジュールはどうでもいいんですけど…。

先日、『ライオン・キング』でメガホンを握ったジョン・ファヴローがトークショーの『JIMMY Kimmel Live!』に出演し、最新作やNetflixショーの『ザ・シェフ・ショー』について語りました。Mashableが紹介したこのトークショー動画によると、どうやら『ライオン・キング』の製作にはVRが使われたらしいですよ。

アニメ版を忠実にフルCG化している『ライオン・キング』の魅力は、実写と見まごうリアルな映像。このリアルさはどこから来ているのでしょう? 気になるその秘密は下の動画の7分くらいからです。

ライオンキングの世界をVR化してその中で撮影

ファヴロー監督によると、アフリカを細かなところまで理解するために、まずはアフリカにいって現地調査と写真撮影をしたそう。その後、CGIで再現して、それをVRに落とし込んだのですって。ファヴロー監督曰く、それはまるで「マルチプレイヤー型VR映画製作ゲーム」だったとのこと。

「クルーがヘッドセットを装着してプライドランドの中を歩き回ったり、アニメのパフォーマンスを確認したり、VR内にカメラを設置したりしたんです。VRの中で実写映画を撮影しているような感覚でしたよ。」

すごいなぁ。

ちなみに、本作は1ショット以外全部CGIなんですって。1ショット以外すべて、ですよ。さすが『ジャングル・ブック』を撮った監督だ。もうお手の物ですね。

そういえば去年、武蔵野美術大学で非常勤講師をする一方で、新人CGアーティストでありながらAppleの公式映像を製作したルイジ・オノラさんにインタビューした時、「CGスキャニングやCGプリンティング、ARやVRでクライアントに説明するためのビジュアリゼーション方法といった、彫刻家がどうCGを活用するかを教えている」と話していました。その時も、新たな技術の登場でアートのあり方が変わってきていると感じましたが、映画製作の現場でも同じようなことが起きていますね。

というか、この『ライオン・キング』VRをディズニーランドのアトラクションにするっていうのはどうでしょうか。ヌーの大群に襲われてみたり、スカーに崖に落とされてみたり、プライドロックでシンバがお披露目された時にキリンと一緒にひれ伏してみたりするのって楽しそうですよ。

Source: Mashable


関連記事

おすすめ情報

Gizmodo Japanの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索