馬鹿な…新型MacBook AirのSSDスペックが低下…?

馬鹿な…新型MacBook AirのSSDスペックが低下…?

Image: iFixit

意外な弱点…?

先週突然登場した新型MacBook Airですが、海外からちょい気になるレポートが。どうやら、搭載されているSSD(ストレージ)のスピードが2018年モデルに比べて遅いケースもあるそうなんです。

Consomacが「Blackmagic Disk Speed Test」というツールを利用して実施したテストによると、新型MacBook Airの256GBストレージモデルではリードで1.3GB/s、ライトで1GB/sのスピードを計測。一方、2018年モデルではリードで2.0GB/s、ライトで0.9GB/sだったのです。リード性能だけをみると、35%もスペックダウンしていますな…。

もちろん、新型MacBook AirのウリはTrue Toneディスプレイの搭載で、日常使用や業務用途でも美しく的確な画面表示を達成しています。それに、リードで1.3GB/sというスペックだって、十分に高速なものです。

スペックをちょい控えめにすることで、お求めやすい価格を実現したことが予測される新型MacBook Air。美しい画面ともあいまって、さらに完成度は上がっているのではないでしょうか?

Source: Consomac via 9to5Mac, iFixit


関連記事

おすすめ情報

Gizmodo Japanの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索