2020年のiPhoneはToFセンサーがついて背景ボケ撮影が捗るかも

2020年のiPhoneはToFセンサーがついて背景ボケ撮影が捗るかも

Photo: Sam Rutherford (Gizmodo)

Androidスマートフォンっぽい。

次期iPhoneではカメラ性能の向上が期待されていますが、2020年の新型iPhoneでは、ToF(Time of Flight)方式による3Dセンサーが搭載されるかもしれません。

台湾紙のDigiTimesによると、Apple(アップル)はToFセンサーの調達についてサードパーティーと調整を行なっているそうです。このToFセンサーとは光の反射する時間差を利用して、物体の位置を検知する技術。Androidスマートフォンでは、すでに採用が進んでいます。

Androidスマートフォンでは、ToFセンサーをボケ撮影に利用しているケースがよく見受けられます。iPhoneのデュアルカメラ搭載機種ではポートレートモードが望遠でしか利用できないのですが、ToFセンサーが搭載されることで、どのレンズでもポートレートモードが使えるようになるかもしれません。

また物体の位置が正確に把握できるということで、AR(拡張現実)やMR(複合現実)分野での応用も期待できそうです。

このようなToFセンサーの採用は、著名アナリストのミンチー・クオ氏も2020年の搭載を指摘していました。

最近はAndroidメーカーに若干水をあけられつつある、iPhoneのカメラ性能。2020年といわず、今年登場する次期iPhoneにもToFセンサーを搭載されたら、うれしいな〜なんて…。

Source: DigiTimes via 9to5Mac


関連記事

おすすめ情報

Gizmodo Japanの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索