キャッシュレス移行にちょうど良さそう! 本革ミニマルウォレット「Ideka」が終了間近

キャッシュレス移行にちょうど良さそう! 本革ミニマルウォレット「Ideka」が終了間近

Image: machi-ya

ライフハッカー[日本版]からの転載

増税対策の還元加盟店も増えましたね!

この機会にキャッシュレスを始める人も多いかと思いますが、せっかく小銭やカードが減らせるのであれば同時に財布もスマートなものにしてみてはいかがでしょうか?

現在、姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中「Ideka」は、薄くてスタイリッシュなのにタフさと高級感を備えた本革製ミニマル財布。

こちらのキャンペーンが終了間近なので、最後におさらいしておきます。

スリム + 質実剛健

Image: machi-ya

「Ideka」は二つ折りタイプのウォレットで、カード10枚とお札6枚を入れても一定の薄さを保てるようです。男性に多いパンツのポケットでも主張は少なそうですね。

Image: machi-ya

薄い財布の実現には収納量を減らすなどの構造の工夫か、素材自体を薄くするアプローチがありますが後者だと耐久性が気になりますよね?

「ideka」の場合、特殊な革と表面処理のおかげでキズが付きにくいどころか、カッターでも簡単には切れない強度に仕上がっているようです。

高級感漂う2種類のレザーから選択可能

Image: machi-ya Image: machi-ya

特殊な革を採用しているとお伝えしましたが、見た目は高級感のある本革そのもの。

「トップグレインレザー」と「ナッパレザー」の2種類で展開され、ミニマルではありつつもしっかりとした革製品であることがわかります。

スーツなどのフォーマルスタイルでも相性は良さそうですね。

ミニマルを補完する便利機能が満載

Image: machi-ya

スリムな中にも気の利いた機能が搭載されています。

ミニマル系ウォレットではよく見かけるプルタブ式のカードスロットも完備。タブを引き出すだけで目的のカードへのアクセスも良好。

Image: machi-ya

紙幣用の部屋はなくバンド式を採用。

マチを作るとその分厚みも増すので、このような工夫でスリム化を実現しています。二つに折りたたんで挟むだけなので取り出しもスムーズでしょう。

Image: machi-ya

紙幣固定側には少ないながらもコインケースを搭載。ミニマルウォレットなので収納量はそれほどでもなさそうですが、最低限は収納できるようですね。

また、「ideka」はRFIDブロック素材が使用されており、スキミング防止効果も期待できるとのこと。ただし、意図して利用したい時も通信ブロックされるので交通系ICなどは別で運用しないといけない点はご注意ください。

スリムでタフなミニマルウォレット「Ideka」は現在クラウドファンディングサイトmachi-yaでキャンペーン実施中。執筆時点では、20%OFFの早割コースが6,240円(送料込)からオーダー可能となっています。

キャンペーンはまもなく終了するので、気になる方は下のリンクからチェックしてみてください。

>>スリムでタフなミニ財布「Ideka」のオーダーはこちらから

Source: machi-ya


関連記事

おすすめ情報

Gizmodo Japanの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索