Photo: Junya Masuda

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]からの転載

これはカッコいいかも。

鍵の管理にはキーホルダーかキーケースを使っている方も多いと思いますが、第3の選択肢としてキーオーガナイザーなんていかがでしょうか?

本物のカーボンファイバープレートを使ったスタイリッシュなオーガナイザーが現在姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中となっており、サンプルをお借りできたので、試した感想をお届けします。

質感がグッド

Photo: Junya Masuda

カーボンと略されがちですが、正しい素材名称としてはカーボンファイバー(炭素繊維)です。

高性能なロードバイクや自動車、航空機など軽量さと耐久性を両立させる場合に強化プラスチックなどと組み合わせて用いられる素材ですが、名前のとおり繊維が折り重なった模様が特徴。

お借りしたサンプルでも美しい織柄模様になっていましたよ。

Photo: Junya Masuda

素材の持ち味を活かし、締まりある雰囲気になるのでクールでスマートな印象。

Photo: Junya Masuda

手への収まりも良く、ただ鍵を持ち歩いているだけですがちょっと気分が上がりますね。

Photo: Junya Masuda

形状も考えられており、切り欠き部分に指がかかりやすいので鍵を出したときにも馴染み良かったです。

最大14本収納可能

Photo: Junya Masuda

多くの方は自宅と自転車や自動車の鍵、オフィスのロッカーなど2〜3本ぐらいを持ち歩く程度だと思いますが、「カーボンキーオーガナイザー」は2本から最大14本まで収納可能です。

Photo: Junya Masuda

こちらが短いロッドで鍵2本と車のスマートキーを取り付けたところ。

Photo: Junya Masuda

鍵と鍵の間に挟むワッシャーもたくさん付属してくるので、好みや鍵の動きを見ながら調整が可能です。

Photo: Junya Masuda

仕事などでたくさん鍵を管理する必要がある場合は長い方のロッドを装着すればOKです。ただ、2〜3本程度では持て余すので、感覚的には5本以上は必要と思われます。

使い勝手も悪くない

Photo: Junya Masuda

使用時は十徳ナイフのように引き出すだけ。剛性感のあるカーボンなので、オーガナイザー本体を持って回してもヤワな感じは一切ありません。

Photo: Junya Masuda

プレートを留めるネジの締め具合で鍵の取り出しやすさも調整可能。特に力を入れずにスッと引き出せるぐらいの締め具合でも、鍵が飛び出てくることは無かったですよ。

ジャラジャラせずに鍵を持ち運べる「カーボンキーオーガナイザー」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーンを実施中。執筆時点では25%OFFの2,550円(送料込)からオーダー可能でした。

お手頃価格になっているので、気になった方は下のリンクからチェックしてみてください。

>> リアルカーボンでできたキーオーガナイザーのオーダーはこちら

Source: machi-ya