Image: ACworks Co.,Ltd.

お気に入りの写真をアーティスティックな素材画像に変換!

無料素材ダウンロード・サービスのイラストACや写真ACを運営するACワークス株式会社が、AIで新たな素材を作り、それを画像素材として使用可能にする新サービス「ACartist」を発表しました。

✨✨✨写真が一瞬でアートに!✨✨✨

新しいサービスが誕生しました?
好きな写真をアップロードして、好みのスタイルを選ぶだけ。
一瞬で、あなただけのオリジナルアートの完成です!
もちろん無料なので、ぜひ遊んでみてください?https://t.co/KcuWxxq9bP#AI #人工知能 #Artist #写真AC #art pic.twitter.com/wnvUHBYp7x

— Mr.ビー@ACworks (@Mrb_AC) 2020年2月6日

ACワークスいわく、これは「畳み込みニューラルネットワーク(CNN)を用いた画像のスタイル変換AIが、アップロードした写真スタイル(画風)を自動で別の画像のスタイルに変換」するというもので、加工したい元画像をアップロードし、あらかじめ用意されたテキスチャーを合成すると、ホンの5〜6秒で新たなアートを作ってくれるのです。

こんなアートができる

ではいくつか、作ってみた作例をご覧ください。まずはモフいワンコに、輪切りのキウイフルーツの素材を合成させてみた例です。

Image: ACartist

はい、小型犬特有のクリクリだった目つきがギラっと鋭くなりました。ビタミンCを摂りすぎるとこうなるのでしょうか? 同様に、同じワンコを大豆のテキスチャーで合成。

Image: ACartist

ツブツブですね。比較すると、どんな合成されるのか感じ取れるかと思います。

ACartistの使い方

使い方は「ベースとなる画像をアップロードorドロップしてください」と書かれたグレーのエリアに元画像をアップし、下に並ぶテキスチャーをシングルクリックしてから「スタイルと変換する」を押すだけ。

サイトでは元画像をアップロードして、好みのテキスチャーひとりのユーザーにつき合計1,000回だけ変更することが可能で、ダウンロードは500回できるようになっています。

他にも参考例として、とある彫刻作品に花のテキスチャーを、そしてターバン野口にパスタのテキスチャーを合成してみました。

Image: ACartist Image: ACartist

用意されたテキスチャーは1,200枚以上!

用意されたテキスチャー類は、果物そのまま、その輪切り、花、木々、海と波、雨粒、空、ボンヤリしたパステル色の模様といった抽象的なパターンに限らず、具体的な人物やカップに入ったコーヒーにノートPCなどなど、28ページに渡り合計1,250枚ほどのサンプル用テキスチャーが用意されています。合成された画像サイズは、最大2,000pxまで対応とのこと。印刷にも耐えられそうです。

たったの2クリックというお手軽さですし、他人とは違う素材を求めている人は試してみる価値があるかと思います。ちょっとしたヒマ潰しとしてもぜひ!

Source: ACartist via プレスリリース, Twitter