Image: crevita

こちらは、メディアジーンコマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]からの転載

モバイルバッテリーの電力って、充電以外に使えないのかな?

姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の「Brickspower(ブリックスパワー)」は、ピタッとくっついて離れず快適な無線充電に加え、モジュール式で機能をいろいろ変更できる拡張性があるユニークな製品なんです。

こちらの先行販売キャンペーンがもうすぐ終了となるので、あらためてご紹介しておきます。

くっつく充電がパワーアップ

Image: crevita

「Brickspower」の基本モジュールは3,000mAhのバッテリーと無線充電ユニットの組み合わせ。ナノサクション技術という、極小の吸盤シートによってスマホなどにピタッとくっついてくれるので、通話しながらでもずれることがなく快適に利用できるのがグッドポイント。

ちなみに、ガラスなどツルツルした面は得意ですが、木材やでこぼこしたケースなどには吸着力が弱くなったり使えない場合があるのでご注意を。また吸着力が弱くなったら濡れた布で拭くと回復するそうですよ。

Image: crevita

パワーアップポイントとしては、以前はMicroUSBだったポートがUSB Type-Cへと変更され、最大10W出力が可能になりました。iPad ProがUSB Type-Cを採用するなど、端子規格は徐々に集約されつつあるので、現状のスタンダードな規格に変更されたのは嬉しいですね。

Image: crevita

バッテリーの改善としては、新たに6,000mAhの上位機種も登場。3,000mAhは見た目もポップでそのサイズ感から使いやすそうではありますが、昨今のスマホやタブレットの電池も大容量化しているので、容量増加はウェルカムですね。

3,000mAhよりは厚くなっていますが、ピタッとくっつく機能は維持され、持ちやすさも損なわれていなさそうですよ。

待望の新モジュール

Image: crevita

初期製品のキャンペーン時から、拡張モジュールの開発は宣言されており、予告通り登場。この赤いブロックはBluetoothスピーカーです。

Image: crevita

みんなで音楽を聞きたいときなどに便利ですね。

Image: crevita

もう1つの新モジュールはLEDライトとなり、暖色と寒色の切り替えも可能。

Image: crevita

読書灯に使うなど、暗さが気になるところで活躍が期待できますね。今どきはスマホのフラッシュでも十分に明るいですが、バッテリー残量が少ないときには節約したいので、そんな時に利用するといいのかもしれません。

専用ポーチで持ち運びも快適に

Image: crevita

拡張モジュールは機能追加できるメリットがある反面、バラバラとしてしまって持ち運びが面倒ですよね? 「Brickspower」には専用のポーチも準備されているので、とりあえずバッグに入れておけば活躍できるシーンは多いのではないでしょうか。

ブロック玩具のように機能を変更できる新しいモバイルバッテリー「Brickspower」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーンを実施中。執筆時点では3,000mAhの単品コースが3,480円(送料込)から、新モジュールがセットになったコースが30%OFFの6,900円(送料込)からオーダー可能になっています。

キャンペーンの終了まであと4日となっているので、気になる方は下のリンクからチェックしてみてください。

>> モジュール式でライトやスピーカーにも変身できる「Brickspower」のオーダーはこちら

Source: machi-ya