Image: scoringAC/Twitter

あなたの写真は何点?

無料素材ダウンロード・サービスのイラストACや写真ACを運営するACワークス株式会社が、今度は写真の色や明るさやコントラストなどを総合的に判断して、AIが点数を付けてくれる「scoringAC」というサービスを開始しました。

✨✨AIが写真を採点!?✨✨
ScoringACでは、AIがあなたの写真を自動採点!
明るさ、コントラスト、色、シャープさなどを総合判断して点数を出してくれます!
ぜひ遊んでみてくださいね?✨❣️https://t.co/E2BwNBgiQT#scoringAC #採点 #写真AC pic.twitter.com/FcfC2nsPO0

— Mr.ビー@ACworks (@Mrb_AC) 2020年3月17日

かつては、写真と素材をAIで融合して、芸術的な作品を作る「ACartist」というサービスがありましたが、また斬新なAIの使い方が仲間入りしたのですね。

判断基準は5項目

AIによる採点は完全に機械的で、何のバイアスもかかっていないのが利点です。

評価するポイントは、平均オピニオン評点、明度、彩度、コントラスト、シャープさの5項目。一度に100枚まで、複数の写真を高評価順に表示するのですが…AIは芸術性を評価してはくれないのだそうです。

早速トライしてみると?

ということで筆者も、明度や彩度やコントラストなどを意識した5枚をアップロードしてみました。

Image: scoringAC/Twitter

彼岸花の花畑と赤ちゃんというコントラスト高めの写真が1位で、2位は画面いっぱいに広がる真っ赤な彼岸花、写真スタジオで撮ってもらった子供が3位で、やや暗いけど極彩色の生花が4位。最下位は沖縄の海を背景に黒い衣服の女性という結果になりました。

激しい点差はないものの、AIの評価軸がなんとなくわかったような気がします。

2種類のAIを併用

scoringACいわく、この技術にはDNN(ディープ・ニューラル・ネットワーク)が人間が採点したデータを学習し、CNN(畳み込みニューラル・ネットワーク)の一種であるInception-Resnet-V2が写真の特徴を抽出し、1,000種類のカテゴリーに分類をするのだそうです。何だか難しいですが、最初に誰かが採点した写真の数々をお手本に、あとはAIで自動化されたってことなんですね。

ちなみに写真データは、採点後に60分でサーバーから 完全に消去されるとのこと。イカガワシい写真を採点しても安心ってことです。写真好きな皆さんも、ぜひ遊んでみてください。

Source: scoringAC, Twitter