Photo: Getty

Googleと歌いながら手洗いを!

世界保健機関(WHO)とのコラボレーションで、Google(グーグル)が新しい「Ok, Google」コマンドを発表。それは、Googleが手洗いを手伝ってくれるというもの。アメリカ合衆国農務省の研究によると、みなさん手をちゃんと洗っているつもりでも、なんと97%の人がしっかり手洗いができていないそうなんです。

「Ok Google, help me wash my hands(手洗いを手伝って)」と英語で言うと、Googleが40秒の手洗いソングを流してくれます。40秒というのは、世界保健機関が提唱する手についているミクロのバイ雑菌をきれいに落とすために必要な最短時間。世界保健機関が提唱する手洗いを、Googleアシスタントがお手伝いしてくれるんですね。

スマホでは歌詞も表示され、Nest Hubなどのスマートディスプレイでは、石鹸の泡の映像が流れるようになっています。

新型コロナウィルスは、無症状だったり、症状があっても顕著なものではないケースが多いと報告されています。自分がウイルスに感染していると気づかないままに感染を広げてしまうこともあるので、とにかく手をしっかり洗うことが大切です。もしGoogleの手洗いソングがお好みでない場合は、最低でも20秒以上の歌をピックアップして歌うといいみたいです。自分の手洗いソングプレイリストを作るのも楽しいかもしれないですね。