Photo: Junya Masuda

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載

スマホの進化に伴って、モバイルバッテリーも大容量化や無線充電対応など機能強化が図られていますが、中にはひと味違う進化をしている製品もあるんですよ。

machi-yaでキャンペーン中のモジュール式モバイルバッテリー「Brickspower」はスマホにピタッとくっついてズレにくく、ワイヤレス充電機能が特徴なのですが、充電以外にもモジュール交換で様々な機能が楽しめる製品なんです。

サンプルをお借りして使ってみたので、レポートしたいと思います。

新たなモジュールが仲間入り

右:3,000mAh従来モデル、左: 6,000mAh新モデル Photo: Junya Masuda

「Brickspower」は元々2018年にデビューし、1,000人以上が購入した人気アイテムでした。前作は3,000mAhの充電機能しかありませんでしたが、今回は6,000mAhの上位モデルが追加となっています。

Photo: Junya Masuda

バッテリーモジュール以外には、ライトとスピーカーモジュールが追加。ライトは寒色・暖色を切り替えられ、ちょっとした探し物や読書などに便利。写真だと暗そうに見えますが、程よい明るさと目に優しい暖色で読書が楽しめましたよ。

Photo: Junya Masuda

スピーカーモジュールはポップな色と形状でかわいい仕上がりに。小さくコンパクトですが、予想以上に音が鳴りました。MAXボリュームでも音割れはありませんし、スマホ本体のスピーカーだとちょっと物足りないという時にちょうどいい感じですね。

ワイヤレスで煩わしさが激減

Photo: Junya Masuda

Qi規格に対応していればスマホ以外でも充電可能。ご覧のようにAirPods Proでもチャージできます。程よいサイズ感のモバイルバッテリーにケーブル要らずの手軽さが加わり、より利便性が向上していますね。

スマホにピタッとくっついてズレないことで、無線給電でも安定的に充電が可能に。くっつけたままでもホールドできるサイズ感で、装着しながらの通話も快適でした。

Photo: Junya Masuda

ちなみにバッテリーモジュールは単体でも無線充電機のように利用可能。一度くっつくとズレが起きにくいので、途中で充電が途切れることもありません。

くっつく姿がかわいい

Photo: Junya Masuda

「Brickspower」の充電モジュールがピタッとくっつく秘密はナノサクション技術と呼ばれるもので、ツルツルした面であればいろんなところにくっつきます。ザラザラした面や、ホコリなどが付着しているとくっつかない場合もあるので、利用前にチェックしないと落下して破損する場合もあるのご注意を。

離れずくっつく姿がかわいらしくて愛着が深まりそうです。

新たなモジュールが仲間入りしたワイヤレスモバイルバッテリー「Brickspower」は現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーン中。執筆時点では、3,000mAhの基本セットが3,480円(送料込)から、6,000mAhの大容量版は30%OFFの4,620円(送料込)からオーダーが可能。

詳細は下のリンクから詳細をチェックしてみてくださいね。

>> モジュール式でライトやスピーカーにも変身できる「Brickspower」のオーダーはこちら

Source: machi-ya(1, 2)