Image: SAMSUNG

パっと見は冷蔵庫のようですが…?

韓国の家電メーカーSamsung(サムスン)が、正六面体型のモジュール式空気清浄機「Cube AX9500」を作りました。これは静音設計で、専用アプリを使ってステータス管理や、音声アシスタントで操作ができるだけでなく、ギターアンプよろしく上に積み重ねて繋ぐとパワーアップする、というユニークなもの。連結させると、給電は一箇所からでOKとなります。

上蓋の穴をひっくり返して、上に2号機を置くだけで連結!

2種のセンサーで部屋の汚れを検知

MIKE SHOUTSいわく、この空気清浄機にはレーザーPMセンサーとガス・センサーが内蔵されており、リアルタイムで1.0ミクロン以下という超微粒子の汚れを検知して、それを4段階のカラーコードと正確な数値データでディスプレイに表示する、とあります。

3枚のフィルターで超微細ダストを最大99.97%カット

中にあるのは多層式のフィルターで、洗える初期フィルターが花粉やペットの抜け毛など大きなダスト粒子をフィルタリングし、次に活性炭脱臭フィルターが潜在的に危険なガスを取り除き、HEPAフィルターが超微細ダストと小さな粒子を最大99.97%除去する、と謳っています。

これらにより、ホルムアルデヒドや、揮発性有機化合物などの有毒ガスやチリダニも吸い取ってくれるのだそうな

Image: SAMSUNG

ひとつで最大310平方フィートの部屋をカバーし、サムスン独自のAIアシスタント・システムBixbyと、アプリで複数のデバイスを制御できるSmartThings、そしてGoogle アシスタントが搭載されたスマート空気清浄機。

ほぼ無音だというほど静音性に優れ、直接風が出ないよう設定が変えられるのも良いですね。筆者の家の空気清浄機は、モード次第で音と風がブォーと凄いことになるので、この2点は結構大事だと思います。

お値段はエアリー・ホワイトが699ドル(約7万5000円)でホーンド・シルバーが749ドル(約8万円)となっています。

連結でパワーアップできるだなんて、なんだか『パーマン』のパータッチみたいですね。ハウスダストやペットなどのアレルギー、そして重度の花粉症持ちなら、これを何段も積んで塔を作ってみたいものです。

Source: SAMSUNG, YouTube via MIKE SHOUTS