Image: libero agency

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

外出自粛で自宅で過ごす時間が増え、YouTubeやNetflixなど動画配信サービスの利用時間が増えている人も多いことでしょう。自宅の好きな場所で高画質の映像をいつでもスグに鑑賞できたら、よりリフレッシュできると思いませんか?

そんな方に、machi-yaでキャンペーンを開始したポータブルプロジェクター「D029」をご紹介します。

高画質の映像を大画面投影で、スグに楽しめる

D029は、モバイルプロジェクターでは最高クラスの「フルHD:1080p」が特徴です。最大投影サイズは190インチ(横:4メートル20cm以上、縦:2m36cm以上)。映画館さながらの迫力ある映像を楽しめることでしょう。

ちなみに、プロジェクターをセッティングする時に地味に大変なのが、角度や焦点の調整。D029はオートフォーカス、オート台形補正機能付きなので、映画やドラマをすぐに視聴できます!

Image: libero agency

また、本体の機能として、Bluetoothで外部音響機器にも接続可能。家にあるスピーカーやヘッドフォンに接続すれば、迫力ある映像をこだわりの音響環境で楽しむことができます。

Image: libero agency

さらに、3D映像にも対応。3D対応のメガネさえ用意すれば、自宅で3D映像が実現します。お子さんもきっと喜ぶでしょう!

AndroidOS搭載でGoogle Playにも対応していており、Wi-Fiにつなげば、YouTubeやNetflixなどの動画配信サービスも視聴できますよ。

片手サイズで持ち運び簡単! 天井投影も

Image: libero agency

D029がさらに魅力的なのは、片手で持てるサイズなこと。持ち運びが簡単で、寝室や子ども部屋、リビングなど、いつでも好きな場所がプライベート映画館に変わります。

3脚穴が標準装備されており、アダプター不要でほとんどの3脚で使用可能。内部の設定で投影を反転できるため、天井に投影して映像を楽しむこともできます。

高性能タッチパネル搭載で、ノートパソコンのトラックパッドのように操作するか、マウスやキーボードに接続して操作ができます。

また、8000mAhのバッテリーを搭載しているので、いざという時のモバイルバッテリーとして使うことも。バッテリーは最大輝度で使用すると1時間程度です。映画など数時間使用したい場合はコンセントに繋ぎましょう。

Image: libero agency

本体には、HDMI、USBポート、USB給電ポート、イヤホンジャック付き。HDMIは4K映像にも対応しています。

こちらのD029は、machi-yaでキャンペーンを開始したばかり。この機会に、おうち時間を満喫できるプロジェクターを検討してみては?

>>4K画質&3D対応!片手で持てるハイエンドスマートプロジェクター「D029」の詳細はこちら

Image: libero agency

Source: machi-ya