Image: KICKSTARTER

先端はタッチペンと同じゴム付き。

公共のボタン類やドアのハンドルを、直接手で触れずに操作できる、爆弾型のツール「SAFE NUKE」がKICKSTARTERにて出資金を集めています。これは抗菌性の銅で出来ており、鍵と一緒にキーホルダーとして身に付け、エレベーターやATM操作時に使えるグッズです。

純度99.9%の銅製

「SAFE NUKE」に使用しているのは、純度99.9%の銅。長く使えば使用感が出てシブ味も出るとのことです。手入れをしなければ、古い十円玉みたいになるのでしょうけども…やはりなるべく洗って使うことが推奨されています。

Image: KICKSTARTER

こうしたツールは、爪楊枝やペン先を使うよりスマートですし、鍵に付けておけば早々なくす心配もなさそうです。

KICKSTARTERで人気沸騰中

「SAFE NUKE」は、KICKSTARTERで5月22日までキャンペーンを行なっています。出資金は革製ケース付きでひとつ16ポンド(約2,100円)とお手頃な値段で、執筆時は534人から、目標金額約64万4,000円を遥かに超える、約263万円が集まっていました。

ドアハンドルをストラップ部分で引っ張るのはチョイ強引な気がしないでもないのですが…いつ終わるかも知れないコロナ騒動や、今後のためにもひとつあると安心ですね。

直接ものに触れるのを遠慮したい世の中になってしまった

これまで以上に、手洗いおよび手指の除菌が大事になった昨今。素手でATMやエレベーターのボタンなど、他人が触れたであろうものを直接触るのが恐ろしい時代になってしまいました。

以前には、真鍮製のカギ型ドア・オープナー「Hygiene Hand」というものが作られましたが、多くの人たちが興味を示していたのが印象的です。コロナ以前なら、あまり見向きされなかった商品ではないかな? と思うんですけどね。

Source: KICKSTARTER via The Awesomer