Image: VINTA

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

2020年2月29日の記事を再掲載しています。

旅行にも仕事にも使えるスタイリッシュなバックパックがほしい…。そんなニーズありますよね。現在、姉妹サイトmachi-yaでクラウドファンディング中のスタイリッシュなモジュール式バックパック「C1N TYPE-II」は、デザイン性が高く、スタイルを重視する旅行者やビジネスパーソンも満足できそうです。

スタイリッシュなバックパック

Image: VINTA

「C1N TYPE-II」は、以前、Machi-yaで445人から1200万円以上の支援を集めたバックパック「 TYPE-II」の新作です。今回はアメリカンフットボールのスーパースター、キャム・ニュートン(Cam Newton)氏をクリエイティブパートナーとして迎え、旅行や移動の多い生活に最適化した、スタイリッシュで美しい次世代バックパックを開発しました。移動の多い生活をしているキャム・ニュートン選手が、自分が使いやすいバッグをVINAT社と一緒にデザインしたという「C1N TYPE-II」。かなり期待できそうです。

Image: VINTA

元々は、カメラギアの収納に長けたバックパックとして登場したこちらのバックパックですが、フォトグラファーだけではなく、デザイン性が高いため、街歩きといった一般のユーザーでも使いやすい仕様です。外装はツイル素材で防水加工が施されています。パソコンやカメラなど大切なものを運ぶ際にも、安心ですね。

Image: VINTA

内装はプレミアムサテン。内部メッシュポケット、パスポートやと貴重品を保護するフラットレイパネルを備え、15インチのラップトップを収納します。

3種類のセット

「C1N TYPE-II」は、シンプルな「ブックバッグ」、旅行に最適な「トラベルバッグ」、カメラ専用の「カメラバッグ」の3種類のバッグセットが用意されています。

ブッグバッグ

Image: VINTA

「ブックバッグ」はオプションの内部バッグが付属しないシンプルなモデル。ノートパソコン用スリーブと、2つの内部ポケットを備えています。ふだん使いや、通勤、たまの旅行に使うなら、基本的なこのオプションで十分かもしれません。

トラベルバッグ

Image: VINTA

「トラベルバッグ」には、コンパクトなフィールドパックとトラベルパックが付属します。

Image: VINTA

旅行や出張に必要なものをすべてトラベルパックに入れておけば、毎回荷物をパッキングする必要もなくなって便利そうです。

Image: VINTA

トラベルパックは付属のストラップをつけて単体バッグとしても使えます。旅行先で身軽に観光したいときなどに活躍しそうです。ビジネス出張が多い人、頻繁に旅行する人は、いつも持っていく旅行用具を付属のトラベルパックに常備させておくことで、旅行の前日に毎回のように、「あと何を持っていけばいいんだっけ?」と悩まなくて済みそうです。

カメラバッグ

Image: VINTA

「カメラバッグ」には、コンパクトなフィールドパックとカメラパックが付属します。

Image: VINTA

カメラパックは、撮影に必要な機材を安全に収納できます。クッション付きの間仕切りがあるので、移動中も中で機材がぶつかる心配はなさそうです。旅行には一眼レフとレンズを必ず持っていくという人は、機材を楽に出し入れできるこのカメラパックが活躍しそう。カメラやレンズをいちいち専用ケースにしまったり、取り出したりする手間が省けるのは大きいのではないでしょうか?

カラーは5種類

Image: VINTA

カラーは、ベリー(Berry)、サンド(Sand)、ブラック(Black)、フォレスト(Forest)、チャコール(Charcoal)の5種類から選べます。仕事で使いたい人はブラック、フォレスト、チャコールあたり、人と違うバッグを持ちたいという人は、ベリー、サンドで個性を出すのもいいですね!

モジュール式バックパック「C1N TYPE-II」は、現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーンを開始し、執筆時点でブックバッグが20,300円(送料込)からオーダー可能となっています。気になる方は下のリンクからチェックしてみてください。

>>「C1N TYPE-II」の支援はこちらから

Image: VINTA

Source: machi-ya