Image: billboard

ユニバーサルでも映画じゃなくて音楽の方です。

メタリカやヴァン・ヘイレン、そしてテイラー・スウィフトやレディー・ガガなど多くの超大御所ミュージシャンたちが所属するユニバーサル ミュージック グループ(以下UMG)と、何でも作れてしまうレゴ・ブロックのレゴが、4月26日にグローバル・パートナーシップを結ぶとを発表した、とbillboardが伝えています。

レゴの玩具に音楽コンテンツを活用

詳しくは今年後半まで未明なものの、まずは2021年に販売するレゴ製品に、UMGのコンテンツを活用するのだそうです。小さな頃から大人になっても、音楽は人生に必要不可欠なものであることから、次世代のファンや創造的なヴィジョンを持つ子供たちに刺激を与え、斬新でインタラクティヴな商品を送り届けようと考えています。

ともあれ、とりあえず先に提携だけして、詳細はあとから詰めていくようですね。レゴならきっとワクワクするようなキットを作ってくれることでしょう。

妄想してみよう

たとえば、レゴを使って楽器が作られるというのがひとつ考えられます。所属ミュージシャンが使っているモデルを組み立て、彼らの曲が鳴るとか、ゲーム『ギターヒーロー』や『太鼓の達人』のような音ゲーが作られることもあるかもしれません。

もしくはCDやDVDかMP3プレイヤーになるキットだったり、最近はカセットテープが再燃しているので、携帯型のカセット・プレイヤーとかも? 他にミュージシャンのステージが再現できるキットもいいですね。かつては裏側の世界も再現した、ドラマ『ストレンジャー・シングス』のセットという、世界観を見事に描いたものもあったので、期待できそうです。ゆくゆくはレゴ化したミュージシャンたちが、テレビゲームや映像コンテンツになっても面白そうです。

「インタラクティヴ」というからには、ユーザーが何か働きかけてコンテンツを動かすことになると思うので、音楽とレゴによるSTEAM教育(STEMに芸術のAを追加したもの)キットも考えられるかなと思います。

皆さんなら、どのミュージシャンの、どんなレゴキットがあったら欲しくなるでしょうか?

Source: billboard