Photo: 島津健吾

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

自宅にいる時間が増えたことで、YouTubeやNetflixなどの動画配信サービスを観る時間が増えた人も多いのではないでしょうか。 しかし、スマホやタブレットだと迫力がいまいち物足りない……!

私もそう感じている一人です。

そんな中、現在machi-yaでクラウドファンディングをしているスマートプロジェクター「D029」を実際に使ってみることに。おうち時間を楽しむのにぴったりなデバイスになりそうです。

多機能なスマートプロジェクター「D029」

Photo: 島津健吾

スマートプロジェクターというように、「D029」はさまざまな機能が盛り込まれています。

1080P フルHD 無線 3D対応 4K映像に対応 Android搭載 オートフォーカス タッチパネル 8000mAhのバッテリー

最も大きな特徴は、1080 フルHDに対応していること。おうち時間に高画質映像が実現します。

オートフォーカスだから立ち上げも簡単

Photo: 島津健吾

早速使ってみましょう。まずプロジェクターの立ち上げで驚いたことがありました。とにかく設置が簡単!

プロジェクターというと、機器と接続したり、フォーカスや角度をあわせたりと、準備する段階で疲れてしまうことも少なくありません。

しかしD029は、電源をつけるだけで、準備完了です。フォーカスは自動でやってくれるし、難しい設定も不要で、操作はタッチパネル。

とにかく簡単なことがストレスフリーで、とてもありがたかったです。

きれいな映像

Photo: 島津健吾

ボタンを押して起動すると、このような画面が表示されます。

Eshareと呼ばれる、スマホの画面を映し出したり、スマホをリモコンがわりにできたりする機能。

また、Androidが搭載されているため、Google Playストアの利用も可能で、NetflixやYouTube、Huluなどのアプリをダウンロードすることも可能です。

Photo: 島津健吾

試しにYouTubeチャンネルを見てみました。時間は14時頃。まだ外は明るく、部屋の電気を消してみました。投影したのは、小さな凹凸のある白い壁。

この写真よりも実際はくっきりと映像が見えた印象です。横幅で100cmほどあるので、テレビでいう50インチほどはあります。もっと暗い照明の部屋だったら、さらに鮮明に見えたことでしょう。

また、スピーカーも搭載されており、音質も良い感じ! 普通のBluetoothスピーカーとして使うこともできるので、仕事中に音楽を聴きたい人にもおすすめです。

投影する背景に縛りはあるのか?

Photo: 島津健吾

投影するには白がベストですが、木にも映してみました。壁から30cmほどの距離であれば、見られる映像になりました。木でも案外いけるものなんですね!

こうしたベストな設置位置を探す作業でも、オートフォーカスなので設置が非常に簡単でした。

スマホでも操作できて快適

Photo: 島津健吾

専用のアプリをダウンロードすれば、スマホ側から操作することも。

D029はタッチパネルを搭載しているので、直接触っても操作できますが、スマホなら本体から離れていても操作ができて快適です。

Photo: 島津健吾

専用のリモコンから操作することもできます。

スマホの画面をミラーリング

Photo: 島津健吾

iPhoneやiPadユーザーならAirPlayでミラーリングができます。AirPlayとは、スマホの画面をシェアする機能。

打ち合わせやプレゼンをしているとき、複数人に情報をシェアしたいときに役立ちます。一度接続すれば、ワンタッチで使えるようになるので、とっても便利でした!

ケーブルレスだから、ストレスレス

Photo: 島津健吾

最後に、D029は電源ケーブルなしでも駆動します。その理由は、8000mAhのバッテリーを搭載しているから。場所を選ばず、投影する場所さえあれば、どこでも映像や動画を楽しむことができます。

寝る前にちょっとだけドラマを見たり、料理中に調理動画を見たり、使い方は自由自在。スマホやタブレットの映像では満足できていない人は、この機会にスマートプロジェクターを試してみてはいかがでしょうか?

machi-yaでのキャンペーンが終了間際ですので、気になる方はお早めに。

>>4K画質&3D対応!片手で持てるハイエンドスマートプロジェクター「D029」

Photo: 島津健吾

Source: machi-ya