Image: Amazon.co.jp

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ROOMIEからの転載

梅雨前線が本州付近に北上し、本格的な雨の季節が到来しましたね。

また、外出自粛要請が解除されて、会社や学校に通う毎日が再開されました。

そうなると、外出中に濡れた靴はそのままにしておけません。それに雨が降ってなくても、気温と湿度が高いこの季節に、1日中履いた靴はニオイが気になります。

雨が続くこの季節は、ベランダに干すこともできないし、どうしましょう!?

靴の乾燥&脱臭ができる乾燥機

Image: Amazon.co.jp

アイリスオーヤマの「脱臭くつ乾燥機 カラリエ ホワイト SD-C2-W」は、靴の乾燥にフォーカスした乾燥機。

標準・革靴・低騒音の3つのモードが選べて、30分・60分・120分・180分の4段階のタイマーで使用することが可能。さらにオゾン脱臭機能が搭載されていて、さまざまな材質や大きさの靴に対応可能です。

玄関先に置いておけるコンパクトサイズ

Image: Amazon.co.jp

「脱臭くつ乾燥機 カラリエ ホワイト SD-C2-W」の大きさは、横幅約13.7cm×奥行き約10.1cm×高さ約28.9cmと、2L入りペットボトルを一回り太らせたぐらい。玄関のどこにでも収納できそうです。

また、重量は780gという軽さで、持ち運ぶのが楽ですし、用意するのが苦にならなそうです。

アイリスプラザでは、動画(YouTube)で、実際に動かしている様子や、全体のフォルムを見ることもできます。

長いホースとスタンドで、あらゆる靴に対応! 同時に2足干しも

Image: Amazon.co.jp

「脱臭くつ乾燥機 カラリエ ホワイト SD-C2-W」で特徴的なのは、長く伸びる2本のホース。

本体背面のスタンドを活用すると、背高なブーツを倒したり折り曲げたりせずに、中までホースが届きます。軽い運動靴や学校の上履きなら、吹き出し口に直接かぶせてしまうのも、場所をとらないしアリですね。

Image: Amazon.co.jp

ホースの先端は2又になっているので、ホース1本につき靴1足をあてがうこともできるのは注目ポイントです。

靴の材質や、雨がかかった靴の濡れ具合・今日の靴を履いていた時間などに合わせて、モードとタイマーを設定しましょう。

それに、Amazonのレビューでは、オゾン脱臭機能も効果が感じられるという声がありますから、防臭性能にも期待が持てそうです。

低騒音モードなら、夜の間も静かに干せる

Image: Amazon.co.jp

3つのモードは、「標準」では約50度の温風が、「革靴」では約40度の温風が吹き出しますが、「低騒音」では、約40度の温風を出しながら静音運転ができます。

標準モードに比べて乾くまでの時間は長くなるものの、寝ている間に乾燥を続けられるのは便利なので重宝しそう。

ちなみに、本体の温度が上がりすぎたら、30秒間冷却運転をした後に自動停止するという安全対策機能も備わっているとのこと。目を離していても安心感がありますね。

アイリスオーヤマの「脱臭くつ乾燥機 カラリエ ホワイト SD-C2-W」があれば、スッキリ晴れないジメジメした季節でも、靴をしっかり乾かしてニオイやカビの対策ができて、気持ちよく靴を履けそうですね。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

アイリスオーヤマ 脱臭くつ乾燥機 カラリエ ホワイト SD-C2-W

4,920円

Source: Amazon.co.jp, アイリスプラザ