Image: lifeside

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

最近、ちょっとジメジメしてきたな〜と感じませんか? コロナで忘れていたかもしれませんが、そろそろ梅雨の時季。傘が必須の季節が到来です。そこで、今回はmachi-yaでクラウドファンディングを始めた折り畳み傘「Chrissie Morris」をご紹介します。

折り畳み傘の最高峰?

Image: lifeside

「Chrissie Morris」は、折りたたみ傘に求める条件を1つにしたもの。様々な機能を兼ね揃え、折りたたみ傘の最高峰とも言える存在です。ジュネーブ国際発明展で金賞&特別賞に輝いていることからも、期待値も高め! 次のような特徴がありますよ。

・片手でワンタッチ自動開閉

・シワ無しで簡単巻き収納、特許デザインの内層プラスチックシート

・一振りで雨水を落とせる撥水性

・6本の風に強い親骨

・重さはわずか320gで持ち運びラクラク

・傘布110cmの広い面積

使いやすさ、持ち運びやすさにこだわりが見えますね。この中から、特に魅力的な4つの特徴にフォーカスしてみたいと思います!

ワンタッチで開く

Image: lifeside

ワンタッチするだけで傘が開くのはめちゃくちゃ便利!車から降りる時、突然雨が降ってきた時、わざわざ両手で傘を開かなくていいんです。これなら、もたもたしている間に、びしょ濡れになる心配もありせん。

Image: lifeside

歩いている途中に雨が降ってきても、この通り。スマートに傘をさしながら移動できます。スーツやジャケット、セットしたヘアスタイルを急な雨からいち早く守れます。

320gで持ち運び軽々

Image: lifeside

世の中に、ワンタッチ式の折りたたみ傘は数多くあります。しかし、どれも重いという欠点がありました。折りたたみ傘だからこそ、利便性は落とさず携帯しやすいものを選びたい。「Chrissie Morris」は、ワンタッチ式の「重い」という概念を覆す320gという軽量性を実現しています。500mlのペットボトルよりも、圧倒的に軽い折りたたみ傘を相棒にしてみてはいかがでしょう?

6本の親骨にはアルミニウム合金を採用

Image: lifeside

どんなにいい折りたたみ傘を買っても、骨が折れてしまったら意味がありません。そこで、「Chrissie Morris」は6本の親骨にアルミニウム合金を採用し、強度を高めています。アルミニウム合金は鉄よりも軽く、耐久性に優れており、錆びにくいことが特徴。まさに、折りたたみ傘に適した素材と言えます。折りたたみ傘は突風に弱いイメージがあるので、壊れにくいのはポイントが高いです。気に入った傘なら長く使いたいもの。丈夫で持ち運び便利な傘を探しているなら「Chrissie Morris」はぴったりだと思います。

シワなく元どおり

Image: lifeside

4つ目のポイントは、シワにならないこと。折りたたみ傘を使い終わった後、きれいにたためなくて、ゴワゴワしてしまうことありますよね。「Chrissie Morris」は、生地の裏側に施されたPET樹脂を採用した透明シートのおかげで、簡単にスッキリまとまります。

Image: lifeside

PET樹脂は、透明性・靭性・剛性・耐熱性等に優れている素材。こちらも長く使う上で、非常に重要なポイントとなります。

たった1つの折りたたみ傘で、ここまで特長を語れるってなかなかないものですよね。このほかにも傘布は110cmと折り畳み傘にしては広々と使用できたり、一振りで雨水を振り落とせたりと、利便性がたくさん詰まっています。

そんな「Chrissie Morris」は、先着50名限定定価21%の4,980円から支援が可能。キャンペーンは残りわずか。商品の詳細は、以下のプロジェクトページからご確認いただけます。

>>ワンタッチ自動開閉!シワ無しコンパクトな折り畳み傘Chrissie Morris

Source: machi-ya