Image: Chargeasap

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

スマホやタブレットなど、デバイスに応じた複数のケーブルが散乱し、デスク周りやカバンの中が煩雑になってませんか?

machi-yaでクラウドファンディングに挑戦中の「UNO」は、新しい時代のマグネットケーブル。これ1本さえあれば、USB-C、Lightning、microUSBをもった全てのデバイスに対応できちゃうんです!

残り数日でキャンペーンが終了するようなので改めて詳細をチェックしておきましょう。

こちらの動画にあるように、スマホやタブレットの端子にピンコネクターを装着します。あとは、先端に磁石のついたケーブルを近づけると、ケーブルがデバイスとつながる仕組み。QC3.0、4.0に対応し、データ転送も可能。

私たちのライフスタイルに必要だったのは、こんなケーブルだったのかも!

端子のタイプは3つ! 一瞬で切り替え可能

Image: Chargeasap

今回用意されている端子は、microUSB、Type-C、Lightningの3つ。Android端末やiPhone、iPadなど、基本的にこの3つの端子さえあれば十分。

磁石は、商用マグネットで最も強い磁石の1つである「ネオジウム磁石」を使っています。

Image: Chargeasap

上記の動画は他社ケーブルと比べたもの。「UNO」は右、中央と左は他社ケーブルです。端子にケーブルの先端を近づけると磁力でコネクターがくっつきますが、左端と真ん中の他社ケーブルはくっつき方が中途半端。この違いは、端子の設計の違いによって生まれています。

ちなみに、ネオジウム磁石はかなり強力で、437gのiPad Airを吊り下げられるほどくっつきます。磁石のつきが悪いと充電に失敗する可能性があるので、これは心強いところです。

引っ張ってもコードを傷めない、ゴミも詰まらない

Image: Chargeasap

ケーブルの取り付けが簡単になるだけではなく、「UNO」を使うことで得られるメリットは数多くあります。たとえば、ケーブルがついたまま引っ張ってしまったり、落としてしまったりしたときでも、きれいに外れてくれるところ。ポートやケーブルにダメージが加わるのを防いでくれます。

Image: Chargeasap

また、スマホやタブレットのポートに端子を常に挿しておくことで、ゴミが詰まることもありません。意外とホコリが詰まって、充電できなくなったりするんですよね。掃除する手間もなくなります。

ケーブルも強くて、絡まりづらい

Image: Chargeasap

3つの端子とケーブルが1つになったセットだと考えると、どちらか1つがかけては使えなくなってしまいます。特にケーブルは、断線が怖いところ。

そこでUNOは、軍で使用されるような、もつれにくいナイロンを使って耐久性を高めています。また、ケーブルを太くすることで、高速充電にも対応。充電速度を高めています。

ライトがついて暗闇でも見つけられる

Image: Chargeasap

さらにちょっとした便利な機能をあげるなら、LEDライトがついているところ。充電しているのがわかるのはもちろん、暗闇でもスマホがどこにあるか一発でわかります。夜にスマホを充電するとき、便利な機能ですね。

また、ケースを付けたままでの充電にも対応。100以上の携帯ケースに対応し、Apple、Androidにも完璧にフィットします。端子は、オプションで買い足すことも可能です。

1本で多様な端末に対応する便利なケーブル「UNO」。ケーブルを複数持ちしている人にぜひ試してもらいたいアイテムです。キャンペーンは終了間近ですから気になる方はお早めに!

>>UNO: クロスデバイス対応 USB-Cのマグネットケーブルが日本上陸!

Source: machi-ya