Image: 日産自動車ニュースルーム

クルマ作りの技術が柿の種に活かされる!?

日産が地元の伊勢原市とコラボし、「新型カキノタネ」の開発に成功しました。彼らは最新加工技術を駆使し、CAD/CAM設計と自動切削機を活用して金型を作成。これで同時に23種+伊勢原の大山を型抜きするのです。

【お知らせ】日産自動車「新型 #カキノタネ 」を伊勢原市及び地元企業と共同で企画・製作https://t.co/OmlTq7AVrn ・技術開発拠点の地域貢献活動の一環 ・伊勢原市と地元企業とのコラボ ・23種のクルマや「大山」の形をした #柿の種#日産 pic.twitter.com/8ammaL4KUx

— 日産グローバル (@NissanGlobal) June 25, 2020

車種は歴史を感じるものばかり。最新は2019年アリア コンセプトで、フェアレディZやケンメリなどの名車を経て、1933年のダットサン12型フェートンもあります。最古の大山はなんと紀元前97年製です。

Image: 日産自動車ニュースルーム

食べすぎて最後は「ありぁ! 箱(だけ)スカ!?」、「どうもシーマせん」なんてならないように〜。

Source: Twitter, 日産自動車ニュースルーム (1, 2)