Image: mama_mia / Shutterstock.com

みんな大好きミンチー・クオ氏!

Apple(アップル)製品の有名アナリスト、ミンチー・クオ氏の発言は、常にAppleファンの気にするところですが、今回は、iPadが2モデル連チャンでくるという話。

クオ氏いわく、今年後半に新iPad10.8インチがリリースされ、それに続き来年前半には8.5インチのiPadがでるというのです。これまたビミョーなサイジングできましたね。10.8インチは、既存のiPad(第7世代、10.2インチ)の後継機ということなのかな。いや、それともiPad Air(第3世代、10.5インチ)かな。クオ氏のメモを入手したというネタ元のMacRumors的には、iPad Proではないようですが(その昔、2017年のiPad Proは10.5インチでしたけど、すっかり11インチにとってかわっちゃったものね)。8.5インチは、iPad mini(第5世代、7.9インチ)の後継機のようですね。

iPhone 12(仮)はやれEarPodsがない、やれ電源アダプタもないと噂されていますが、この2連チャンiPadは、20W電源アダプタが同梱されるという話です。

それにしても、来年のiPadは大幅アップデートなんて噂もでてますから、iPadの買い時、買い換え時は難しいですねぇ。単なるサイズアップなのか、中身もぐぐんと変わるのか…。サブ端末使いしている人は、ますますタイミングがわからない。悩ましいなぁ。

Source: MacRumors