Image: WindowSwap

こんな窓際族なら大歓迎。

コンピューターで仕事をしている皆さん、普段の作業場から外の景色は見えますでしょうか? 窓がなければ気が滅入ってしまいそうですし、あったとしてもずっと同じ景色では飽きちゃいますよね。

そんな方々は是非、「WindowSwap」というサイトにアクセスして、世界の人達が投稿した10分間の窓辺映像をチェックしてみてください。

Image: WindowSwap

これはフランスの海やハワイのお庭、マカオのマンション群や浅草の住宅街などなど、世界の有志から投稿された窓の向こうに広がる景色をシェアするサービスです。デスクトップに表示させれば良い気分転換になりますし、イタリアのバルコニーには猫がいたり、オランダの運河の横にアヒルがいたりして、世界の平和を感じることができます。

Image: WindowSwap

使い方は超カンタン

サイトに飛んで画面中央の「Open a new window somewhere in the world」と書かれた文字をクリックするだけで、画面にどこかの誰かが見ている景色が広がります。また、画面下のボタンを押すとランダムに違う景色に切り替わります。

Image: WindowSwap

作ったのは退屈な夫婦

IDEAS FOR GOODいわく、このサイトは退屈すぎるシンガポールの夫婦が立ち上げたサービス。7月半ばの時点で投稿者は21歳から81歳の幅広い年代層の500人以上が景色を投稿しており、その中から100カ所ほどの映像を「借景」することができるのです。

Image: WindowSwap

異国の普通の住宅街、高層マンションの眺め、動物のいる暮らし、大自然の絶景やオシャレな部屋、雨のデトロイト、サンフランシスコの夕焼けなど見れる景色はいろいろ。リモートワークの気分転換に「WindowSwap」を是非試してみてください。

Source: WindowSwap via IDEAS FOR GOOD