Image: Chargeasap

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

今やPCやスマホは生活に欠かせないもののひとつ。

でも、うっかり充電し忘れた! という時もしばしば。そんなときのためにモバイルバッテリーを携帯する人も増えてきています。

現在、使い勝手がいいモバイルバッテリーと評判の「Flash2.0(フラッシュ)」が、姉妹サイトmachi-yaでクラウドファンディングに挑戦中です。

終了まで残りわずかということで早速改めて詳細をチェックしておきましょう。

100Wとパワフルなのに、軽量!

Image: Chargeasap

「Flash2.0」は、USB Type-C 電源供給 3.0ポートが2つ、USB Type-Aポートが2つ、さらにはワイヤレス充電パッドも装備した、合計5台のデバイスを同時充電できるモバイルバッテリー。

Type-C 3.0の最大出力は、100W。市場に出回っているバッテリーの中でも、100Wのポートが2つもあるモバイルバッテリーは珍しいです。さらに、20,000mAhの大容量。iPhoneやAndorid端末だけでなく、MacBook Pro 15インチや16インチも充電できる、パワフルさが売りです。

まさにこれ一台あれば、どんなデバイスがバッテリー切れを起こしても安心。アウトドアからビジネスシーンに至るまで、頼りになる存在なのです。

同時に5つのデバイスが充電できる!

「Flash2.0」は、5つのポートがあるとご紹介しました。複数のデバイスを同時に充電できるのはもちろん、「Flash2.0」を充電しながら、その他のデバイスをパススルーで充電することもできます。

Image: Chargeasap

大半のUSB機器に対応しており、カメラ、GoPro、スピーカー、ヘッドフォン、任天堂スイッチ、さらにはドローンの充電も可能。デスクで仕事をする場合、コンセントの数は限られていますので、デバイスを多く持ち歩いている方は、電力のハブとして使用してもいいかもしれません。

Image: Chargeasap

また、10Wワイヤレス高速充電パッドを装備。2.5WのApple WatchやAirPodsなども置くだけで充電ができますよ。

機内にも持ち運べる最大20,000mAhのバッテリー

Image: Chargeasap

バッテリーの容量は、飛行機にも持ち込める20,000mAh。iPhone11なら5回、13インチMacBook Proなら2回充電できる計算。

さらに、「Flash2.0」は1時間10分間でフル充電が可能。本体を高速で充電できるので、外出先で頼りになる存在だと言えますね。

特徴をまとめた動画もありますので、合わせてチェックしてみてください。

テスラとパナソニックと共同開発した「グラフェン電池」搭載

Image: Chargeasap

「Flash2.0」の機能を支える上で、非常に重要な存在となっているのが、電気自動車メーカー「Tesla」のグラフェン電池。テスラが、パナソニックと協力して製造している電池のことです。

2019年3月に発売されたばかりで、まだ広く流通されていない希少なバッテリーです。現在、世界で最もエネルギー密度の高いバッテリーであり、その前身よりも20%多くなっています。これは、最新のTesla車に搭載されているのと同じバッテリーテクノロジーであり、テスラ車が超高速充電、かつ長持ちするバッテリーを備える理由ともなっています。

引用:machi-ya

通常、モバイルバッテリーは500回充電するとその役割を終えるそうですが、「Flash2.0」は低く見積もっても2000回の充電に耐えられます。これは、年間400回(1日1回以上)充電しても、5年間は使えること。ちなみに、製品保証は2年つきでしっかりサポートしてくれます。

機能的でコストパフォーマンスも十分なバッテリー

パワフルで高速なモバイルバッテリーで、旅行や仕事をもっと快適なものにしてみては?「Flash2.0 」は、先着200個限定で51%OFFの18,700円(消費税・送料込み)で支援が可能。

商品の詳細は以下のプロジェクトページからご確認いただけます。

>>世界一パワフルな210W、USB Type-C対応モバイルバッテリーの支援はこちら

Source: machi-ya