Image: Andrew Liszewski/Gizmodo US

キーワードは「Android TV対応」、「HDMI 2.1対応予定」!

多くの人にとって、テレビは長期的な投資ですよね。そのうえで、ソニーの新型4K HDRフルアレイLEDテレビ「X900H」は今買うべきなのかどうか...? 米Gizmodoのレビューによると、次世代ゲームをプレイする人や、高画質な映像を愛する人ならばきっと見逃せないであろう機能が揃っているようです。

1500ドル以下で非OLEDのスマートテレビを買おうとすると、スクリーンの大きさに妥協せざるを得なかったりしますよね。ゲームををする人(私)からすると、テレビを選ぶうえで重要なのはHDMI 2.1対応かどうか。

今年のCESで発表されたソニーのX900Hは、4K HDRフルアレイLEDテレビ。55インチ(1,000ドル)から85インチ(2,800ドル)まであるなかで、今回レビューするのは65インチモデル(1,400ドル)です。ちなみに最大サイズを検討している人は、OLEDにすべきかどうかも含めて考えた方が良さそうです。

Sony X900H

これは何?:Android TV対応 65インチ4K HDRフルアレイLEDテレビ

価格:1,400ドル

好きなところ:美しく、ユーザーフレンドリーな超スマートTV。高画質、HDMI 2.1対応予定

好きじゃないところ:価格的にはあっても良いはずのゲーミング機能が未導入

次世代ゲームプレイヤーが気になるところ

まずは、HDMI 2.1サポートについて。たとえば、次世代の Xbox Series X、プレイステーション5が提供する視覚体験を最大限に得たいという人は、120Hzで4KゲームプレイをサポートするHDMI 2.1ポートを備えたテレビが必要となります。なんといっても、ソニーのX900Hは“Ready for PlayStation 5”として紹介されていたモデルのひとつで、もう一つのZ8H 8K HDRフルアレイLED(6,000ドル〜)はすべてのHDMI 2.1機能をサポートするわけではないのだとか。

米Gizmodoがソニーに確認を取ったところ、eARC、自動低遅延モード(ALLM)、可変リフレッシュレート(VRR)、4K120へのサポートは定かなものの、現時点ですべて利用できるわけではないとのこと。もうひとつ確かなのは、これらの機能がファームウェアアップデートによって導入されること。ただし、具体的な時期については明らかになっていません。

上記の機能が必須だという人は、タイムラインがわからないあいだは購入を一時待機した方が良いかもしれません。あるいは、これらの機能が標準で付属されている2020 Vizioモデル(米Gizmodoで近日レビュー予定)を検討するか。私はまだPS4でクリアしたいゲームが終わっていないので、気長に待つことにしています。

Android TVファンとして...

ソニーのX900Hのその他大きな特徴としては、音声対応のGoogleアシスタントリモート、Chromecast内蔵、Apple AirPlay、HomeKit、Amazon Alexa対応デバイスなど幅広くサポートしていること。Vizio P-Series Quantum X(1500ドル)やその他HDMI 2.1サポートを謳う最新テレビと比べてもなおX900Hが特別なのは、ソニーならではのAndroidインターフェイスやデザインが特に素晴らしいから。

Rokuのどのセットアップと比べてもAndroid TVのナビゲートはかなり簡単に操作できるようになっていて、TizenやWebOSなどのカスタムオペレーティングシステムよりもはるかにスッキリしているように感じています。システムがいかにナチュラルで、すでに持っているアカウントでどう機能するかもうまくデザインされていて、ナビゲーションメニューに関してはApple TVも上回るのでは? と思っています。

Android TVの注目すべきメーカーとしてはTCLもあります。より安価で非常に魅力的ですが、米国で現在、Android TVが提供されているのは3-Seriesのみ。これはもう個人的な好みの問題かもしれませんが、私の場合は特にAndroid TVが最高だと思っていて、Rokuなどは多くのアプリにサポートしていないのでエクスペリエンスに満足できずにいます。

OSが抱える問題を回避するには、Apple TVのようなセットトップボックスを購入するという手もあります。でももっとシンプルに、セットボックスよりも、必要な機能が揃ったテレビにお金をかけたいと思う人は私だけじゃないはず。

Image: Catie Keck/Gizmodo US

画質の設定をいろいろと試した結果

いうまでもなく、ソニーはテレビメーカーとしての一面以外にも機器やコンテンツを作る会社として、エンターテインメントに対する独自の立場を示しています。そのことがよく現れているのが、ソニーのX900Hでは「Netflixキャリブレーションモード」が使えること。これはソニーいわく、「映画製作者のビジョンと意図に近い画質を体験できる」とのこと。

「Netflixキャリブレーションモード」は実際のところ、十分に暗くない場所ではあまり機能しないという印象があります。Netflixで『ロスト・イン・スペース』を見ながらディスプレイ設定をいろいろ試してみたところ、ダイナミックなシーンで最高の画像を提供してくれたのはプリセットの「シネマ」モードでした。細部に関しても「シネマ」設定のほうが「Netflixキャリブレーションモード」よりも映えて見えます。それから、明るい部屋での視聴向きだという「ドルビービジョンブライト」では、野球の観戦がかなり楽しめましたよ。

ソニーの広報担当者が米Gizmodoに語ったところによると、OLED BVM-300モニターを基準点として使用した「Netflixキャリブレーションモード」と同様に、「カスタム」モードではSony Pictures Entertainmentとのパートナーシップの一部として設計されているのだとか。

個人的には、ほとんどの場合「シネマ」モードが万能な印象です。高度なコントラストエンハンサー、ライブカラー、モーションフローの機能を利用すると素晴らしい画質を生成してくれます。調整が完了すると、その画質には圧巻。『インターステラー』を見たときだって、テレビの画面でこんなに鮮やかで豊かな映像みたことない!と驚かされました。Christopher Nolanのサウンドを奇跡的に修正したとは言えませんが...。

Image: Catie Keck/Gizmodo US

その他スペックについて

ソニーによると、ローカル調光技術には対応しているというものの、具体的な数字は出てきませんでした。他社ではこれを謳い文句にすることもあるので、ソニーがこうした情報を開示しないのは多少不思議なところでもあります。ピーク輝度についてもなぜか教えてもらえませんでした。ただし、パネルのリフレッシュレートは120Hzであるとのこと。

デザインに関していえば、細いベゼル、アルミニウムのフレーム、全体的にミニマルな外観でリビング空間にも馴染みやすくなっています。HDMI出力は4つありますが、そのうち幾つがHDMI 2.1規格をサポートするかはまだわかっていません。これがもしひとつのみサポートとなれば、1度にひとつの次世代コンソールしか使用できないことになるので、ゲーマーにとっては結構な重要事項だったりします。

サウンドシステムも内蔵スピーカーも、良い感じです。ユニットの両側にはダウンファイアスピーカーと2つのツイーターがあって、ある程度は、没入感ある立体的な音を響かせます。これは多くのLEDやOLEDで同様にいえることですが、ユニットのスピーカーシステムが画面の薄さによって制限されがちなので、サウンドバーによってもっと改善できる余地がありそうです。

さいごに、もしあなたが完璧に近い映像をテレビに求める!というような映画ファンであれば、このテレビは最適ではないかもしれません(代わりにOLEDを検討するのが良いかもしれません。ただしその場合、予算によってはHDMI 2.1のサポートが失われる可能性もあるので注意を)。

もうひとつ覚えておきたいのは、ソニーのX900Hは、現時点ではまだ実際に提供されていない次世代ゲームへのサポートを約束しているテレビであるということ。ただ、今の段階で得られるのは、1,400ドルにして素晴らしい画質、卓越したインターフェイスに、カスタマイズ機能。個人的には、Android TVのインターフェースが本当に素晴らしいと思っています。ナビが非常に簡単で、遅延の問題も私が確認した限りなかったです。いずれにせよ、テレビの買い替えを検討している人にとって、ソニーのX900H TVは良い選択肢となるはずです。

メモ

・素晴らしいコントラスト、色、コントロールに対応。

・Android TV、Googleアシスタント、多くのカスタマイズツール対応のリモコンつきで快適なインターフェースが特徴。

・ソニーの2020年ラインナップの中で唯一、HMDI 2.1標準サポートするテレビ。次世代ゲーマーには最適なテレビの選択肢として残るはず。

・しかし、いつ機能が使えるようになるかは公開されていない。