Image: ソニー

ミラーレスはまだまだ進化する、その証明。

ソニーが新型フルサイズミラーレス「α1」を発表しました。「The One never seen」という謳い文句に違わぬ、極めて高性能なカメラで、これまでのフラッグシップだった「α9シリーズ」の上位版と言って差し支えありません。

・センサーは5000万画素のフルサイズセンサー「EXMOR RS」。ダイナミックレンジは15stop。

・連写は30コマ/秒。ブラックアウトフリー撮影に対応。

・動画は8K30fpsに対応。

・ファインダー、944万ドット・リフレッシュレート240fps。 ※α7S III・α9 IIでも120fps。

・リアルタイム瞳AF(鳥)に対応。

・AF性能そのものも向上。

・ざっくり言うと、ベースはα9 IIで、センサーが高画素化数・AF性能・動画撮影性能が向上。やばいです。

・市場想定価格は90万円。

2021年1月27日1時:更新終了。より詳しくまとめた記事を公開しました。

約5000万画素、8K30p、30コマ/秒のAF/AE追随連写。最新最強の「α1」、3月19日に降臨 動画も、写真も、AFも、なにもかもがズバ抜けてます。誰も見たことがないαこと、「α1」が発表されました。エクステリアのルックスはα7ゆずりの見慣れ... https://www.gizmodo.jp/2021/01/sony-a1-detail.html

Source: ソニー