Image: KAT VR

VRランニングマシンといえるでしょうか。

VR空間内にダイブしているときに現実に引き戻される瞬間があります。特にリアルなタンスや壁に足や腕が当たると、リアルな痛みと共に身体まるごと電脳空間にログインできたらなあという思いが浮かびますが、技術的にSAOの世界はまだ遠く彼方のもっと先。

でもKAT VRの「KAT WALK mini S」があれば、安全に気の向くままに歩いたりしゃがんだり膝をつけられるようになるんですよ。VR空間内で。

Image: KAT VR

フロア部分は薄くて大きなお皿のようで振動はするけど固定式。これは従来モデルのKAT WALK miniと同じです。KAT WALK miniの使用感は、摩擦の少ないシューズを履いて、センサーが内蔵されているフロア上で足を滑らせるように動かすとVR空間内で移動することができました。そのため後ろ足を床から離し、腿を上げ前に動かし、かかとから足を着地させ、また後ろ足を床から離し...といったプロセスで歩くのではなく、すり足の連続で移動することになります。まるでジンバル歩きのごとく。

KAT WALK mini Sも同じ使用感となるのかは、現時点では不明です。生体力学的パターンや人間の歩行をサポートするように最適化されているとのことで、改善点はありそう。

Image: KAT VR

可動式フロアのVRルームランナーと異なり、身体を吊り下げる機構がなくてコンパクト。設置面積も1平方メートルほどで済むんですよね。

Image: KAT VR

現時点で価格は不明です。従来モデルが4,500ドル(約49万円)だったために、KAT WALK mini Sの価格も推して知るべしといったところですが、業務用としても使われることが想定されている機器として捉えるとリーズナブルな気がしてくるなあ。

Source: KAT VR