人生には柔軟さが必要だ 変化の時代に生きる人へのメッセージ

人生には柔軟さが必要だ 変化の時代に生きる人へのメッセージ

「やる気が出る名言で学ぶビジネス英語」#6

みなさん、こんにちは! この連載ではとにかく英語を使うことを目指していますので、インプットした英語は必ずアウトプットしてくださいね。
アウトプットにはSNSをうまく活用してみましょう。実名だと気恥ずかしい人も多いかもしれませんが、インスタグラムなどはニックネームでも発信できます。
この連載以外でも覚えた単語や表現は、SNS上でどんどん発信してみると、楽しくアウトプットできるはず。私と同じように写真好きの方は、ここで紹介する名言を、あなたオリジナルのphotoと一緒に発信してみてはどうでしょう? (安河内哲也)

■今週の名言

There is a hidden message in every waterfall. It says, if you are flexible, falling will not hurt you!

(すべての滝には隠れたメッセージがある。人は柔軟であれば、落っこちても怪我をすることはない!というメッセージだ)

マフマット・ムーラット・イルダーン

Mehmet Murat ildan(1965-)トルコの劇作家、作家。トルコ東部エラズー生まれ。1993年の英語による詩集「Bright Candles」で創作活動をスタートさせる。2000年以降は劇作家としても活躍。

マフマット・ムーラット・イルダーンの名言を安河内哲也先生が解説

■名言を味わう

柔軟さの大切さを教えてくれる名言です。頑固さもときには必要でしょう。でも仕事の状況や人々が求めるものなどは、日々変わっていくもの。そんな変化に柔軟に対応できてこそ仕事、人生、交友関係といったものはうまく回っていくのではないでしょうか。 

私自身振り返ってみると、自分のやり方にこだわるあまり仕事がうまくいかなかった経験をたくさんしました。相手のやり方に合わせる、妥協して着地点を見つける術を覚えてからは失敗も少しずつ減ってきたかな。 

滝の水のように落下に身を委ねれば、時には激しいしぶきとなって岩に打ちつけられても、最後には滝つぼに到達する。そんなたたずまいをお手本にしてみるのもいいかもしれません。 

■名言の単語ピックアップ

flexible

(考えなどが)柔軟な、(物が)しなやかな(形容詞)

「フレキシブルに考えて」など日本語でもよく使われるflexibleは、「柔軟な」「融通が利く」「従順な」といった意味の形容詞です。鉄の棒など物が柔らかく曲がる様を表すこともありますが、人間の性格や仕事のやり方などが柔軟だと比喩的に表す場合が多くなります。 

ちなみに-ibleや-ableといった接尾辞が単語の後ろについている場合は、「〜できる」という意味の形容詞になることがほとんど。動詞のflexには「曲がる」という意味があるので、+ibleで「曲がることができる」→「曲げることができる」となったのがこの形容詞の成り立ちです。 

単語を覚えるときは、こんなふうに接尾辞や接頭辞も意識するといいですよ。今回出てきたibleや、類似のableの形をした形容詞は、horrible(名詞horror<恐怖>にibleがついて「恐ろしい、不愉快な」)reliable(動詞rely<頼る>にableがついて「頼れる、信頼できる」)などまだたくさんあるので、語彙を増強したければまとめて調べてみましょう。

それでは、flexibleをビジネスのシチュエーションで使った英文を3つ紹介しますので、必ず覚えてくださいね。

 I’m flexible tomorrow.

(私の明日の予定はかなり自由ですよ)

* My schedule is flexible tomorrow.と同じ意味をこう簡単に伝えることができる。I’m flexible.だけだと「体が柔らかい」という意味になることも。

You’re too flexible with your staff.

( 君はあまりにもスタッフの言いなりになりすぎだよ)

* ポジティブな語のイメージがあるflexibleだが、前にtoo、後ろにwith人を伴うと、「(人に対して)言いなりになって」というネガティブなニュアンスに。

Our plans are very flexible so don’t hesitate to give us your feedback.

(我々の計画はとても臨機応変ですので、フィードバックを遠慮なくください)

*ここでのflexibleは計画が柔軟、つまり臨機応変な対応が可能という意味。ちなみにflexibleの名詞形はflexibility。合わせて覚えておこう。

■名言を解剖する

There is a hidden message in every waterfall. It says, if you are flexible, falling will not hurt you!

(すべての滝には隠れたメッセージがある。人は柔軟であれば、落っこちても怪我をすることはない!というメッセージだ)

hiddenは動詞hideの過去分詞です(ちなみに活用はhide、hid、hiddenです)。過去分詞は、「〜された」と形容詞のように使うことができ、hidden messageで「隠されたメッセージ」となります。every waterfallとあるようにeveryの後ろは単数形になることに注意してください。 

2文目冒頭のitは、the hidden messageのことです。「say=言う」と覚えている人が多いかもしれませんが、文脈により「話す」「(と)書いてある」「表している」などさまざまな訳出が可能になります。ここでは「指し示している」あたりが妥当ですが、明快さを意識して「〜というメッセージだ」と意訳しました。 

If…は「もしも〜なら」というつなぎことば。fallingというing形が主語になっています。これは動名詞と呼ばれ、「〜すること」という意味となって名詞のような働きをします。hurtは傷つけるという意味の動詞です。

■今週の1枚

八丈島の裏見ヶ滝で撮影しました。駐車場から歩いて10分ほどの奥まった場所にある白糸の滝は、美しいだけでなくやはりflexibleでした。

英語学習もflexibleに進めることが大切です。最初に立てた課題が難解すぎたら難易度を下げる、さぼりがちになってきたら学びより楽しみを優先させた素材に切り替える……。その都度、自分にあったやり方を柔軟に取り入れつつ長く続けることが大切です。あ、でも、この名言学習だけは頑固に続けてくださいね。

 

さて次週(10月21日更新予定)の「やる気が出る名言で学ぶビジネス英語」は、「sun(太陽)」がお題の一文をご紹介。一見、当たり前のことを言っているだけのようですが、実はかなり深いお言葉です。

 

では、どうぞお楽しみに。See you next week!

 

 (構成・山本航)

■「やる気が出る名言で学ぶビジネス英語」は毎週月曜朝に配信します。


関連記事

おすすめ情報

GLOBE+の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る