漂う昭和の香りに癒やされる、3世代で通うかき氷

8月3日放送の「あさチャン!」(TBS系、午前05時25分〜)では、暑い夏に並んででも食べたい絶品のかき氷を特集したコーナーで、「かどや」(東京都足立区)が紹介された。

東武大師線大師前駅から徒歩2分の同店は、まるで昭和を思わせる雰囲気が漂う。この地で4代続く老舗であり、客層も親子3代での常連客が多いなど、昔ながらの甘味屋だ。こだわって作られているかき氷のメニューは全30種類、値段はひとつ300円から。

器にたっぷりの練乳をたらし、その上に60年使い続けているかき氷器で氷を削り入れ、たっぷりといちごシロップをかけて作られる「いちごミルク」(500円)はふんわりさらさらとした舌触りが自慢の一品。同店の1番人気かき氷だ。
「いちごミルク」を一口食べた30代女性客は「めっちゃおいしいです!」とコメント。
50代女性客は「風流で昔ながらで、そこが一番ですね。孫からひ孫までこの店に来られればいいです」と語った。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事

おすすめ情報

テレビに出たお店ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索