焼鯖を甘辛ダレでとろとろに煮込んだ長浜の味、鯖そうめん!

焼鯖を甘辛ダレでとろとろに煮込んだ長浜の味、鯖そうめん!

8月5日放送の「朝だ!生です旅サラダ」(テレビ朝日系、午前08時00分〜)では、滋賀県を旅した中で、「翼果楼」(滋賀県長浜市)が紹介された。

JR北陸本線長浜駅から徒歩5分の同店では、長浜名物の鯖そうめんを食べる事が出来る。
焼鯖そうめんは焼鯖を骨ごとぶつ切りにして甘辛いタレで丸2日間とろとろに煮込み、そのタレを絡めたそうめんと一緒にいただく長浜の郷土料理。

今回、呉服問屋を改装した趣ある同店の鯖そうめんの暖簾に惹かれたのは、滋賀を巡る旅をしていた古田敦也さんだ。「名物と言われたら食べるしかない」と店内へ入った古田敦也さんは、提供された「焼鯖そうめん」(900円)に「おー!こういう感じですか」とコメント。一口食べた古田敦也さんは「うん!いやー、ホントに味がしっかりついてますね。骨も柔らかい。こんな言い方したら怒られますけど、オカンが炊いてる鯖もこんな感じですね」とコメント。「旅先にきたら地元のものをね、こういう建物でこういう器で食べるっていうのがね、いいですよね。旅にキターって感じしますね」と語りながら、古田敦也さんは素麺を啜った。

さらに地酒の「湖濱・1合」(780円)をいただいた古田敦也さんは一口飲んで「あっ、これはあれですね、飲みやすい感じですね。非常に味があって、甘味がしっかりあって、いくらでもパターンですよねこれ」とコメントした。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事

おすすめ情報

テレビに出たお店ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索