殿様も食べた!?老舗菓子店の益壽糖

8月5日放送の「朝だ!生です旅サラダ」(テレビ朝日系、午前08時00分〜)では、滋賀県を旅した中で、「いと重菓舗・駅前通り店」(滋賀県彦根市)が紹介された。

近江鉄道本線彦根駅西口から徒歩6分の同店は、かつては彦根藩御用達だった菓子店。代々の藩主やその家族、井伊直弼なども同店のお菓子を食べていたのだという。明るい店内は、木目調と緑の壁紙で爽やかな雰囲気。今回同店に訪れたのは滋賀を巡る旅の中、彦根城散策を終えた古田敦也さんだ。

同店の「益壽糖(えきじゅとう)」(1個162円/要予約)は、求肥に和三盆糖をまぶした創業当時から伝わる伝統のお菓子。
「益壽糖」を一口食べた古田敦也さんは、「えっ?これ昔からある?なんか意外に最近食べたことのあるような味ですよね」と不思議そうだ。「こんなものを食べてた井伊家すごいですね」と店員と笑い合った古田敦也さんは、「グミのような柔らかさとシンプルな甘さ」とコメントし、お茶を飲んだ。


※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事

おすすめ情報

テレビに出たお店ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンドのニュースランキング

ランキングの続きを見る

トレンドの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索