フランスと引き分けたドイツにレーブは満足「ナーバスにならず、自分らのプレーを貫いた」

フランスと引き分けたドイツにレーブは満足「ナーバスにならず、自分らのプレーを貫いた」

ドイツ代表は14日に行われた国際親善試合でフランス代表と対戦し、2−2で引き分けた。ヨアヒム・レーブ監督は、チームが強豪相手に見せたプレーに満足感を示している。

10日のイングランド戦をスコアレスドローで終えたドイツだが、フランスとの対戦ではFWアレクサンドル・ラカゼット(34分、56分)の得点でリードを2度奪われながら、FWティモ・ヴェルナー(71分)、そしてMFラース・シュティンドル(93分)のゴールで追いついている。この結果、ドイツは21試合負けなしの記録を維持した。

レーブ監督は試合後、強豪との2連戦で見せたパフォーマンスに「とても満足している」とコメント。「我々は高いレベルに位置する強力な相手との対戦で、良い結果を出せたと思う。イングランドもフランスもずば抜けた個の力を持つプレーヤーたちを揃えているだけに、当然なことではない」と振り返っている。

フランス戦においては、MFメスト・エジルが絶妙なスルーパスで1点目をアシストした。レーブ監督は次のように続けけている。

「大事だったのは、ビハインドを追う状況でも、ナーバスにならず、自分たちのプレーを貫いたこと。前方への勢いを高めれば、良いチャンスを迎えられることを示せた。特に、1−1の前の攻守を切り替えるプレーは気に入ったよ。正しい瞬間にパスを出すことこそがサッカーにおける芸術だ」

この試合ではMFマリオ・ゲッツェが約1年ぶりにドイツ代表の一員としてプレーした。65分から出場した同選手は、後半アディショナルタイムにエジルからのボールを軽いタッチで落とし、シュティンドルによる劇的同点弾をアシストしている。

ゴールに絡んだゲッツェは「今日の試合は僕たちにとってポジティブなストーリーだったね。僕もポジティブな気分で家に帰れる。正しい方向へのステップだった。僕はこのチームに戻れるために、長い間働いたんだ」と代表への復帰を喜んでいる様子を示した。

▶サッカーを観るならDAZNで!1ヶ月間無料のトライアルを今すぐ始めよう。

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索