ヘタフェ対レアル・マドリーはスコアレスで終了…前節先発の柴崎岳、ベンチ入りも出場せず/リーガ第34節

ヘタフェ対レアル・マドリーはスコアレスで終了…前節先発の柴崎岳、ベンチ入りも出場せず/リーガ第34節

25日のリーガ・エスパニョーラ第34節、コリセウム・アルフォンソ・ペレスでのヘタフェ対レアル・マドリーはスコアレスドローで終了した。ヘタフェに所属するMF柴崎岳はベンチ入りも出場機会を得られなかった。

前々日に首位バルセロナに勝ち点15差をつけられ、今季リーガ優勝の可能性が潰えてメジャータイトル無冠が決定したレアル・マドリーと、チャンピオンズリーグ出場権を争うヘタフェの対戦。レアル・マドリーのジダン監督は今回もメンバーを多数変更してGKケイロール・ナバス、DFカルバハル、ヴァラン、ナチョ、レギロン、MFカセミロ、バルベルデ、イスコ、FWブライム、ベイル、ベンゼマをスタメンとして起用した。一方ヘタフェのボルダラス監督は前試合セビージャ戦で先発させた柴崎を、今回はベンチスタートとしている。

試合は予想通りレアル・マドリーがボールを保持して攻め込み、ヘタフェが堅守速攻で応戦する展開。レアル・マドリーは個々の能力で優れながらも連係がつたなく、なかなかフィニッシュまで持ち込むことができない。35分にはセットプレーの流れからカセミロが枠内にボールを飛ばしたが、これはゴールラインを割る前にヘタフェDFのクリアに遭う。また39分、左サイドを突破したベイルの折り返しに、ベンゼマが滑り込みながら合わせたものの、GKソリアの正面に飛んだ。

後半、ボールを保持し続けるレアル・マドリーはブライム、イスコらがシュートまで持ち込むも決め切れず。ジダン監督はその後ベイル、ブライムとの交代でルーカス・バスケス、アセンシオを投入。対してボルダラス監督はオリベイラ、ウーゴ・ドゥロを下げてアンヘル、ポルティージョをピッチに立たせ、ポルティージョの代わりに柴崎にアップを命じた。

73分にはヘタフェがこの試合初の決定的なチャンスを迎え、モリーナ、マタと立て続けにシュートを放ったが、いずれもK・ナバスの好守に阻まれた。肝を冷やしたジダン監督は78分にバルベルデをクロースに代え、一方ボルダラス監督はマタをサム・サイスに代えて交代枠を使い切っている。

終盤はともに前がかりでゴールを狙い、攻守が激しく入れ替わる展開となったが、結局スコアは動かぬまま試合終了のホイッスルが吹かれている。この結果、レアル・マドリーは前日にバレンシアを下した2位アトレティコ・マドリーに勝ち点差を6に広げられた。4位ヘタフェは同日にラージョに勝利した5位セビージャに勝ち点55で並ばれている。

■試合結果
ヘタフェ 0-0 レアル・マドリー

■得点者
ヘタフェ:なし

レアル・マドリー:なし


おすすめ情報

GOALの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索